suntan lotion, or sunscreen

2017年07月21日

郵貯へ向かう途中外国人4人の観光客が汗をふきふき歩いています。
「どこからだろ。夏の京都は暑くてたいへんでしょ。春秋がいいよ」。

しばらく行くと化粧品屋さんの前で自転車に乗った3人の外国人。
お父さんらしきが店から出てきて何かを手渡します。日焼け止めクリームのようです。みんな分け合って塗りたくっています。
「日焼け用のそれは確か suntan lotion だった(前に調べた)かだけど、日焼け止めってなんやったっけ?」。調べました。 "sunscreen" です。なるほど「太陽を遮るもの」か。
「どうやって説明し、どうやって理解しはったんやろ?」。店内での会話を浮かべつつ考えます。
「京都の夏は観光には不向きでしょ」。

暑すぎるくらい暑いですよね。
郵貯で顔見知りのFさんから言われました。
「こんな暑うても走ってはんのですか」
「まあ、一応100はいこうと」
「倒れんように気いつけてくださいね」
「ありがとうございます」。いや、ほんま気をつけないといけません。炎天下走って倒れたりしたら笑い話にもなりません。
「ずっとやってきたから大丈夫」という慢心がないとは言えませんが用心します。

この土日と来週のそれらで50 kmを走らねば100 未達。なかなかに厳しいです。しかも「借り」が十数km あります。うむ、むむ。

無理をせずある程度がんばって100 を達成しなければいけません。まあ、どうでもいいことなんですがね。
月100km も、年100冊も毎日ブログもどうでもいいことばっかりです。それでも死ぬまでやり続けるつもりです。

70、80、90歳になってもこのブログを書いていたらおもしろいですよね(たぶん。いやそう思うのは私だけでしょう)。

いけるところまでいってみます。
10年後の70歳、20年後の80歳、30年後の90歳で今と同じにおバカブログをかいていたらおもろいな。そこまで生きていたいとは思いませんが生きていたら、このブログが活きてきます。

根幹? 楽になれ?

2017年07月20日

報道で大分、福岡の水害現場のたいへんさを目にしました。
アメリカからの留学生でしょうか。ホームステイ先から泥を除くボランティアに協力していました。
耳の不自由な被災者のたいへんさを目にしました。気の毒です。
自分が人生を過ごしてきた環境が一夜にして完全に失われてしまうんですから、その心中たるや私なんかには想像できません。

駆けつけて泥の一すくいでも手伝えればいいんですが。できません。過去の阪神淡路や東日本大震災、広島水害など、なんにもしていません。つどつどほんの気持ちばかりの募金だけです。
今後もお手伝いできない状況は変わらないと思います。復興を願う気持ちだけはもち続けようと思っています。あんまり余裕はありませんが、できる範囲で募金させてもらいます。(ええかっこしません。100円、1000円の単位しかできません。私にめぐんでいただきたいくらいです。あは)


NYくんのお母さんと面談、なんだかんだ、鼻かんだで約60分に及んだな。お姉ちゃんも来てくれていたので10年近いお付き合いです。ありがたいことです。

%E3%81%93%E3%81%B2.JPG

小川珈琲の冷たいそれをいただきました。ありがとうございます。家人が大好きです。小川珈琲はおいしい。熱いドリップ式のもおいしいですね。こう暑いと熱いのはさすがに飲みにくいです。

暑い中でもシャワーですませず、ぬるめのお湯で半身浴がいいと夕刊に。読んで、理屈ではわかりますが感覚的には受けつけません、ね。
「最後に湯につかったのはいつだろう」というくらい春夏秋冬、1年中入りません。明確に思い出せません。それくらい入っていません。
体に支障はありません。湯につかろうがつかるまいが大勢に影響はないのでまあ、きっとそれでいいでしょう。
「ま、1回くらいは湯につかってやってみてもいいかなと」と思っています。
(なんで、そんな上から目線?「ごめん。そんなつもりは微塵もありません。そう感じられるのは私の不徳です」そんなに謙虚にならんでもええな「はい。あなたの方が上からのような気もしますが」いや、許す「違いまんねん。まあ、ええか」)

毎夜の駄ブログです。書くことで存在。いや、どうだろ・・・・・・
書かずともよければ書かないのか、な・・・・・・・
う、む、むずかしい問題だ。根幹にかかわるか、な。

「毎日書く」と決めての故です。書きたくない日も当然在ります。すべてを投げ出したい日だってありますやん。それでも、なんとかかんとかです。
「制約外して楽になり」という声も聞こえなくはありません。

かんがえます。ではまた明日か、それ以降お読みください。

ありがとうございます。

なんか裏目ばっかり

2017年07月19日

梅雨が明けたようですね。意外と早いのでしょうか。昔は20日を過ぎて30日近くに明けたこともあったように記憶します。それにしても蒸しますね。じめじめです。
「やむなし」と理解はしていますが不快ですね。

原谷で借りる駐車場の屋根あり部分には毎年2組以上のツバメが巣作り。今年はこの間までなし。
数日前に巣にとまる番(つがい)が。今日見るとどうやら抱卵中。

%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81.JPG

この写真は番のどちらかが飛び去ったあとを受けてです。私がいるので警戒しています。この後巣にのり卵をあっため始めました。

さて、いつ孵化しましょうか。楽しみに待ちます。
(ここんところツバメ話題多いね「新しい命が生まれ育つってうれしいですよね」だよね「できるだけ明るく楽しい話の方がいいでしょ」そうだね)


毎日いろいろとあります。やるべきことを片付けつつそれぞれ対応。

気もちの上でちょっとしんどい日でした。
やすんで明日に備えましょう。

人の数だけある人生

2017年07月18日

中1Mくん。三者懇談を終えたみたいです。
「どうやった?」
「4が2個であとは3でした」
「英語は4やろね。あとは社会か」
「はい」
「また次がんばろな」。
「ぼく、明日です」とMSくん。
「そうか」
「社会は4いけるかな」
「理科も自信あります」
「楽しみだね」。

みんながみんないい点をとってきてくれたらうれしいんですが、現実はそうもいかない面もあります。


3日ぶりに見たサンジソウ。見たことがないくらいの成長ぶりです。

%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%98%EF%BC%90%EF%BC%91.JPG%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%98%EF%BC%90%EF%BC%92.JPG

食べてみたいくらいに青青とうまそう(?)に育っています。形状も過去あまり見たことがない感じです。
今後を楽しみます。花は小さいんですがかわいいですよ。

今日は朝からいろいろ。あれもやりこれもやりそれもやり、やるべきなんとか片づけました。
明日も同様やりましょう。

授業後、Dくんのお父さんとお話。いつものお漬物(柴漬け)をいただきました。ありがとうございます。

人の数だけ人生があります。そんなこんなの人生があちこちで出会い、交錯し、すれ違い、ぶつかり、袖すり合い、それぞれを送っています。

そんなふうにあんなことやこんなことを考えると、日日の出会いの意味が深みを持ちましょうか、どうでしょう。

おやすみなさい。

禁煙1月

2017年07月17日

北大路商店街、北側アーケード下。いまだにツバメくんらの子育て、マンション状態です。

CIMG4968.JPGCIMG4965.JPGCIMG4967.JPG

親より大きい子らから、まだまだちっちゃいやつまで。

おもしろいですね。


なんとか13、14㎞ はいっときたいなと思いつつ走りました。
途中、正直しんどかったです。8㎞ くらいで「やめた方がいいな」と思いつつもうちょっと走りました。

けっきょく13 は走りました。よくやりました。

「老人、かなり無理してるんちゃうか」と己につっこみました。


禁煙1か月です。まだ自分にたばこの気配があります。深呼吸をするとどこからかたばこが香ります。こんなことを書いているうちは禁煙は成功していませんかな。
いやほんと、自分からまだたばこの香りがするんです。

けっこう簡単に1月がたちました。あんまり禁断症状はありません。
このまんまやめられると思います。(きっと。たぶん)

それでもたばこ臭は我が身に残ります。吸いたいという欲求の表れでしょうか。

まあ、どうなるかな。

ペット

2017年07月16日

走ろう、走らねばと思いつつ空模様があやしいです。
「下手に出ると途中降られるかな」と思っていると降り始め、雷もゴロンゴロン、バリバリ。怖いです。
5時半ころなんとか走れそうに。6㎞ だけ走れました。すごい湿気です。Tシャツはシャワーを浴びたかの如くぐしょぐしょ。

ほんとは20くらいを走ろうと思っていましたが思うようにはいきません。その分、本が1冊読めてよかったです。角田光代さんが猫を飼うに至った顛末の本です。

「だよなあ、そうだよなあ、わかるなあ」とか思いつつ。正式に猫を飼ったことはありません。
非公式には飼いました。北区大宮総門口町の下宿になぜか住みついたネコ。「どざ」と名づけました。律儀なやつでした。いろいろたいへんなこともありました。
狩りが得意で目覚めた枕元にすずめちゃんやねずみちゃんが供えられていました。
あまり、うれしい寝起きではありません。

父親が亡くなったとき近所の人が母の寂しさを紛らわせることができるかなと考えたのか飼い始めたネコです。リョウと名づけました。
帰省の度遊びました。母親がかわいがり過ぎたのか、いいもん食べさせ過ぎたのか、ずんずんぶくぶく太りました。8㎏ くらいあったかな。早逝しました。

犬も飼いました。小1から5年までジョンです。メスでしたが、ね。自分の中で決めていました。5年くらいいっしょに暮らしたかな。
父の転勤で釧路へ。後を頼んだ隣の人からの便りにありました。
「なんか、元気ないしご飯も食べへん」。そのまま亡くなったという連絡があったようです。

チョコというやんちゃ過ぎるビーグルも飼いました。たいへんなやつでした。彼女の晩年はいろんな事情で私自身が見守れずごめんな感があります。


犬猫を飼いたい気持ちはあります。ビブレやカナートのペットショップへ行けば自分がにやにやデレデレしているのを実感します。飼えば責任が生じます。できれば犬猫と晩年を過ごしたいと思いつつも、最後まで責任を持てるかと考えると・・・・・・

現状は飼える環境にありません。飼えるために環境を変えるか。そこまでして・・・・・・犬猫といたいか・・・・・・
考えてみます。


なまってんだ

2017年07月15日

朝、献血に行こうと逸り、6時34分に目覚め。
「早すぎるな」と、うとうと。
次に目覚めると10時前でした。

慌てて朝飯。駆けつけましたが祇園祭関係で遅延。
ぎりぎり午前中到着ですが、私の血は間に合わなかったかも。ごめんなさい。
次回はちゃんと間に合うようにいきます。

毎日、筋トレをしています。たぶん12㎏から15kgの重さのダンベルです。数日前から左手で持つそれが上がりません。(肩の高さにおいて、そこから上へ10回上下させるんです)
「んなはずはないやろ」と思いつつやりますが上がりません。
「なんでや。年か?」。そうなんでしょうか。寂しいです。2.5kgを1.5㎏に替えー2㎏に。10㎏から12kgになったはずです。それでもやっとこさっとこです。
うむ、こんなことで年を感じる日がくるとは思ったことはありませんでした。
筋力にも年を感じざるを得ないのかな。悲しいな。寂しいな。
なまってんですね。

加齢を感じるのは致し方なし。正直年です。60歳です。よくぞここまで生きたな。

CIMG4962.JPG


献血帰りに気ついたツバメの巣。7月半ばを過ぎてもまだ元気なヒナたちに出合えます。
なにかにつけ自分に言います。
「ちゃんとしいや」。
それはいつも思いつつやっています。

明日は休みですがちょっとやることがあるんでゼミへ行こうかなあ。

祇園祭、ですね

2017年07月14日

自転車でキャンパスプラザへ。京都市内は基本、北から南は下り。リュックを背負った背中は汗びちょですがその他はそうでもなし。
自転車置き場でK先生にばったり。彼も自転車です。上はTシャツ。
「トイレで着替えてから向かいます」。なるほどその手があるか。

会場でT原先生を見っけ。
「どうされたんですか?」
「両方申し込みました」
「おお、すごい。あいだ1週間か。がんばってくださいね」。神戸、大阪両方走ることにしたようです。

夕べ遅かったので眠かったですが2時間乗り切りました。ふ~っ。もちろんいい勉強になりました。ただあんまり頭がよくないというか、年を重ね理解力が落ちてきていることを実感します。
塾の先生を続けるべく鍛えなければいけません。

A立先生とK村先生とも終了後、私の変さ加減などちょこちょこ。

帰り際、ポツポツきた空を見上げていると声が。
「おつかれさまでした」。文武両道、連盟の貴公子M田先生が自転車に。
「先生も自転車ですか。雨がきはじめましたね。いやですね。お家はどのへんですか」
「塾の近くです」
「じゃあ、そう遠くないですね。俺、岩倉だし降らなけりゃいいけど」
「すごいですよね。基礎体力がちがうからな」
「いや、ただ変なやつです。ふつうではないんです」。

復路は四条辺りで人がいっぱい。
「なんでやねんやろ」と思いましたが祇園祭でした。まあ順調に帰宅。いったん家に入り、顔など洗おうと思うと汗が止めどなく流れてきます。
「どうせ汗をかくし着替えなくてもいいか」と思っていましたがとんでもない。けっきょく水に近いシャワーを浴びて総替えで出勤。交通費節約してもスーツの洗濯代を考えるとあんまり倹約になってへんなあ・・・・・・まあ、ええか。

いろいろ思います。(小っちゃいな「おっしゃる通り」)
しょうもないことです。悩みつつ生きています。

ずいぶん長い付き合いのパキラ。ちょっと弱って葉っぱの数が減っていましたがここんところ復活。

%E3%81%82%E3%81%B1%E3%81%A3%E3%81%8D.JPG

8本の枝が出て先に葉っぱ。もう一つ葉っぱがふえそうです。元気に育ってほしいです。
生徒らにもそれを望みます。

自身も元気に育たないまでも、他人に迷惑をかけないよう生きていかなければなりません。
大きな壁かもしれませんが乗り越えられるよう、今後それを心して人生を歩みます。

たばこ吸いてぇ、吸わないよ

2017年07月13日

小6NAさん言います。
「なあなあ、せんせ聞いてください」
「ほいほい、なんやろ」
「今日な、学校でお母さんとせんせと私で話したときにな、ぜんぶ『よくできる』になってたんやんか。すごいやろ。A,天才や」
「おお、それはすごいな。でも、あんま自分で天才とか言わん方がええで」
「この前も理科のテスト裏表とも100点やってんで」
「ほおお(裏は50点ちやうのと思いましたが呑み込み)ええやん」。
来てくれている子たちの成績が上がるほどうれしいことはありません。

(向こう側はこちらほどには思っていらっしゃらないかもしれませんが。そこが悲しい)

毎日暑いです。生徒らが来る30分前にはエアコンをつけます。暑い中来てくれるんですからせめてね。電気代はできるだけ節約したいのですが・・・・・・・
「おお、涼し」と言ってくれれば甲斐もあります。
「あっつ、むっちゃ暑いな」とか言われれば正直、じいさんはむっとします。人間ができていませんからね。
「なに勝手なことばっかり言うとんねん」と。60を迎えた私は考えます。

上手くいかないことの多い、というかそればっかりの日日に正直しんどいぞ。
それでもやるべきをやりましょう。信じるところを続けるしかないんでしょうが、けっこう、いや我が経歴の中で最悪の状況ですね。冷静に対応しなければと思いますが、なんとかなるでしょう。します。

ここまでぶっちゃけていいのかなというくらい、ほんましんどいです。それでもやるしかないんで、明日を、明後日を、数か月後を、来年を信じてやるしかないのかな・・・・・・・・
よくわかりません。

成績が上がらずやめるは仕方なし。それでも来てくれ続ければ絶対結果は出しました。

上がってやめる人もいました。
「自分でできる」。お好きなように。

いろいろありました。ほんとにね。

まあなんつったて40年近くやってんだからな・・・・・・なけりゃおかしい。

いろんな生徒がいたなあ、みんなどうしてんのかなあ、元気で人生をやっていたらいいなあ、私が60なんだし、初めのころの生徒らは50歳前になっていることになります。

ふむ。

今日は自転車出勤のつもり。気温、年齢、体調を慮り、やめました。
明日は自転車で京都駅まで。起きて諸条件を鑑み判断します。

自転車は後悔が眼に見えますが、きっとそうするかな。
地下鉄を選ぶかも。


明朝考えます。

みんな、ありがと

2017年07月12日

勉強会。悩みましたが地下鉄。駅までゆっくり歩きましたが汗だくです。正直不快感いっぱい。

開会前、K田先生が私のブログから感じたであろう「負」に対して励ましの言葉を。ありがとうございます。
久居農林高校や松阪高校を甲子園に導いた松葉先生のお話でした。実体験を踏まえ、実におもしろくわかりやすいものでした。何かにつけ相手をさせられたM田先生はたいへんでしたでしょう。さすがに元野球部だけあって球際はうまい。文武両道を極めた彼だ。すごいぞ。

「他人と過去は変えられない」。でも他者にはたらきかけるには自身が変わらねばなりません。けっきょく今の私は己にあまいんでしょう。

今日は声をかける機会がなかったんですがセカンドキャンパスのT見先生の」やる気発生装置」というブログ(?)がめでたく1000号を迎えられました。(パチパチパチパチ)
ただ毎日続けているだけの、私の愚にもつかぬ話とは違いまじめです。人柄のよさ、品性がにじみます。見習えませんが参考にさせていただくこともあると思います。T見先生よろしくね。
朝起きて一番に私のブログをお読みくださっているようです。ありがたいやらおはずかしいやら、です。朝一爽快を感じてもらうのは無理にしても、不快な気持ちにならないよう配慮します。

1万回は遠いですが、2000、3000は目指せます。目指してくださいね。

帰路も地下鉄駅から自宅までで汗だっくだく。まあ、つゆだししかたないとは思いつつも不快感最高ですね。(「不快感」が「最高」は変か?)


閑話休題。K田先生、ありがとう。先生の気持ちはじゅうぶんにいただきました。あんまり愚痴っぽくならぬよう更新していきますね。
先生もできる限り毎日更新してくださいね。毎日読んでるし、「ぽち」もしてるしね。


なにが幸せ?

2017年07月11日

ひっさびさにグランパ号出勤。ろくに考えもせず思いつき行動です。出る前何度も自問しました。
ちょっと行ったところでも自問。結果行っちゃうことに。
暑かったです。短パンTシャツですが汗だくです。正直後悔しました。
「ええ歳なんやしもうちょっと考えや」と突っ込みつつ到着。

(着いてから着替えどうすんの?「一応昨日のうちに準備をしています」なんや、完全な気まぐれということではないねんね「まあそうかな」)

とにかく体を濡らしたタオルで拭いてさっぱりすっきり。これで生徒らに接せられるかな。相手は子どもとはいえ、人に接するだけに気はつかいます。


エラブユリ。今年は花が咲きませんでした。

%E3%81%82%E3%81%88%E3%82%89%E3%81%B6.JPG

去年の花終わりの気配りが欠けていました。ごめんなさい。自然に任せるのが信条ですがある程度は人の手も必要でしょうか。

裏のアジサイ。茂るに任せて私の背丈よりずっと上で花を咲かせています。花が終わったら思い切って刈ってやって来年にそなえます。時期を間違うと花がつかないのですが。まあ、それならそれでいいかな。しょうがないかな。


ちょっといろいろしんどいです。まあ60年生きてりゃそんなこともあります。今までだってあったと思います。忘れてしまっているのかな。それともそんときはそう思っても実は全然たいしたことなかったのかな・・・・・・わかりません。覚えていません。
でも、やっぱりそのときそのときで、それなり悩んでたいへんな思いをしていたのかなあ・・・・・・

それを今ここで振り返っていられることに思います。
「おまえ幸せやん」。
幸せか否かはわからん。数年後、もっと後の、死ぬ前の己に問いかけましょう。
「あんたの人生、幸せやったか?」

ラーメン大好き

2017年07月10日

「どんぶり名人」という宅配専門店のちらしが入っていました。
「うな丼」がど~んと載っています。まあこの時期ね。「極 きわみ 贅沢盛ウナギ丼」。うまそうですが、なんと税込2980円です。ちょっと注文するには勇気がいります。というより無理だな。高過ぎ晋作です(はあ?)。
格別好きではありませんがたまには食べたいですね。中国産と国産だと倍ほど値がちがいます。後者がいいけど昼の弁当で国産ウナギ、2000円はあり得ませんしね・・・・・・なか卯やくら寿司の1000円以下のそれらで満足しておきます。中国産ですがじゅうぶんおいしいです。

40歳くらいの同期会だったかなあ。磐田で地元STくんが推薦の店で食べたウナギはおいしかった。

旅行で岐阜名古屋方面へ行ったとき県境のどこかで食べたひつまぶしはうまかったなあ。初めてだからそう思っただけかも。

ウナギ関係でお店に入ってちゃんと食べたのはなんとこの2回しか記憶にありません。60年で2回か・・・・・・こんなもんなのかな。

まあ、特に大好物だからどうのこうのはあまりないけれどラーメンだけは行く先々で食べています。これだけは断言できます。
旭川、札幌、釧路、喜多方、佐野、高山、富山、和歌山、徳島、熊本、博多、鹿児島・・・・・・ほかにあったかなあ。思ったほど多くないですね。もっといっぱい食べた気もします。

いちばんは喜多方です。どこがどうと言われれば説明できませんが、とにかくうまかった。

ラーメンは京都もうまいです。どこがどうかは、またの機会にしましょう。ちょっとしんどくなってきました。

献血おやすみ ごめんなさい

2017年07月09日

暑さを避けて4時ころ走りに出ました。出た瞬間からぽつぽつ。

途中からどっしゃぶり。予測ができたので昨日ほどではあらず。それでもびちょびちょ。ずぶぬれです。まいった。

20 km にするには11が最低限です。でも8km でした。まあ、よくやりました。

月に100 が口先だけにならぬよう努めます。

梅雨の時期は天候に左右されるので走れるときに走っておかねばと思いますが、なかなか思うようにはなりません。人生そんなもんです、ね。

と、きのうとまったくおんなじです。
いや、ここまで雨にたたられるとは思いもしません。

朝食後、すぐ向かえば「朝のうち献血」ができたんですがちょっとしんんどかったんで休憩。本を読みつつだらり、のんべん。

今回は勘弁してもらいました。来週は行かせてもらいます。

人に献血をするからには己がそれをできる元気を保たねばね。
一応外面的には大丈夫です。このままずっとそれでいきます。いきたいです。
おやすみなさい。


禁煙

2017年07月08日

暑さを避けて4時ころ走りに出ました。雲行きがあやしかったです。案の定降り始めました。
どっしゃぶり。雨宿り30分以上かな。でも止まず。しかたがないので家へ向かいました。
びちょびちょ。ずぶぬれです。

20 km はいっておきたかったんですが9km でした。思うようにはなりません。
月に100 が口先だけにならぬよう努めます。

梅雨の時期は天候に左右されるので走れるときに走っておかねばと思いますが、なかなか思うようにはなりません。人生そんなもんです、ね。

明日は献血と思っていますが天気が心配。グランパ号で出動できれば最善です。ボランティアに交通費を使う余裕は・・・・・・

まあ、ともかく、なんでもいいし、献血行こうかな。

午前中にした方が我が血が役立つみたいです。できるだけそうしようと思っています。

しんどかったら行かないかもしれません。そんときは「ごめん」。

「60まで生きて、他人の血の心配までせんでもええやん」と思いつつ、思いつつです。

「ろくな人生おくってるわけちゃうしちょっとでも人のためになろ」と。

禁煙、3週めです。吸わなくてもなんの問題もありません。反面思います。
「ここで吸ったらうまいやろなあ」。

まだまだ完全禁煙は厳しく遠い?

いや、だいじょうぶ、だと思いまするでありまする・・・・・

幸せな最期

2017年07月07日

宝ヶ池を歩いて(走ってちゃうのん?「しんどくて歩くくらいの速さなんで」そうか。むりすんなや)いてシカに遭遇。
「おいおい、きみら無防備やな」とか話しかけると反応はあります。
「このじいさんなんや?」。でもすぐに草を食み食み(はみはみ)。警戒度が低いです。だんだん厚かましくなってきています。そのうち奈良や北海道みたいに「獣害」になるのかな。

%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%8B.JPG

まあ、ぱっと見はかわいいですよね。何の問題もありません。度が過ぎると菜園や花壇の被害がでてきましょう。車などとの衝突事故もね。いいところもあればそうじゃないところも併せ持ちます。きっと、世のすべてがそうなんかな・・・・・・

共存の道を探らねばいけませんね。


荻原浩さんの『二千七百の夏と冬』上下終えました。よかったです。自身が数千年を旅したような気にさせられます。
「カー」や「イー」、「オホカミィ」「クムゥ」、「ヌー」など、彼(荻原さん)の想像語(当然ある程度の裏づけはあるのでしょう)であろう単語がおもしろいです。

結末は悲しいことが予測され、読み終えるのに大きなためらいがありました。長い読書人生であまりないことです。

幸せな結末ではありませんでした。

いや、ウルクとカヒィにとってはこれ以上ない幸せな最期だったと断言できます。

よかったです。読み終えるのが惜しいと思える話でした。

ことばがありません

2017年07月06日

九州北部の大雨、たいへんなことになっています。昨日まで生活していた家や町がまったく姿かたちを変えてしまった衝撃は言葉にならないでしょう。
怖ろしいですね。これ以上被害が広がらないことを祈るしかできません。

できることは少ないですが、なにかをさせてもらいます。

亡くなられた方々のご冥福を、被害に遭われた方々の・・・・・・

何を言っても言葉にすると・・・・・・

なにもなかった私がかけられる言葉はありません。

「・・・・・・・・・」

本音

2017年07月05日

小止みに走りました。途中の稲田です。

%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%A7%E3%82%93.JPG

いつの間にか近所の田んぼが草ぼうぼう、じゃなくて稲がけっこう育っていました。みごとな稲田です。これからの暑い夏を越して実りの秋を迎えます。新米が楽しみです。


毎日綴るべく綴っています。無理もしています。まあ見栄や虚栄もありましょう。本音もありましょう。
できるだけ本音に近くやっています。

しんどいなあ・・・・・・どなたか入塾生を紹介してくれたらうれしいな。

本音ですね。そうです。

憎まれっ子・・・・・・

2017年07月04日

1億円くらい融資をしてもらおうとゆうちょ銀行へ。(おもんないしやめとき)
講師の先生方への給与支払い手続きです。
「研修中」の名札を胸につけた方が数名。あんまり言いたくありませんが間の抜けた対応をしています。すべて準備済みの私が受付ボタンを押そうとするとやって来て言います。
「今日は何のご用ですか?」
「いや、振替口座です」
「あ、えっと・・・」
「もう、準備できているんでいいですよ」
「あ、はい。では」と言いながらA4のファイルを出しておっしゃいます。
「では、こちらのファイルをご利用ください」。
「いやいやファイル持参で挟んで持ってんの見えへんかなあ」と思いつつ。
「はい、はい、ありがとう」。心で言います。
「もうちょっと臨機応変にやりやあ」

おまけに冷房が効きすぎで寒い。短時間ならいいのでしょうが待たされました。一度あったまりに外へ出ました。
「10番ですが一度車んところへ行ってきます」。それくらい寒かったです。
まあ暑いと思う方もいればそうでない人もいるでしょうからちょうどいい温度は難しいでしょうねえ。


己の行いがよくないんでしょう。正直あまりありがたくない毎日です。だからといって腐っても好転はしません。受け入れつつ打開の道を探るしかないのかな。
こんな年もあるのかな。これが底で来年回復すればいいんですが、そうじゃないこともあり得るな。
まあ、そんときはそんときなのかな・・・・・・・

人生いろいろあります。いや、ほんとうにそれを実感します。そんなこんなあんなどんななんだかんだかくかくしかじかをここまでおくらせてもらいました。

来年、5年後、10年後、果たしていかなる駄文を綴っていましょうか。来年はともかく、その後はどうでしょう。生きているかな。とかなんとか言いつつしぶとくこの世にはびこっているか? どうだろ?

まあ美男薄命だし、憎まれっ子世にはばかるだからな。

努力の「努」。やってきました。やっていきます

2017年07月03日

暑い日でしたね。全国各地で35℃超え、真夏日だったようです。
出勤時、今夏初めて車のエアコンをつけました。
授業時、今夏初めて教室エアコンをつけました。
生徒らが来るまでは我慢しているということではなく「なくても平気」というところです、かね。
省エネ、節約を思えばまだまだなしでも私は問題ありません。生徒らにあまりに我慢を強いるのはどうかなと考えての今日でした。

帰路の車温計は26℃でした。今夏初の熱帯夜でしょうか。まだ序の口、これから暑い夏本番が始まります。
61回目の夏かあ・・・・・・長く生かさせてもらいました。思わぬ長命です。短命だった両親の分を生かさせていただいているのかな。
61歳はけっして長寿ではありません。両親の享年と比しての思いです。平均寿命を思えば60歳なんて、ね。

元気で生きて、回りのどなたにもご迷惑をかけずに生きて、さらっとこの世におさらばできるよう徳を重ねます。「得」じゃなくて「徳」ですよ。私に「徳」が重ねられるか、どうかはね・・・・・・

なんとか、まあ、なんとか。できる限り自分の責任の中で生きられるよう努めます。
私の名前は。努力の「努」です。きっと両親は努力をすることを私に望んだんでしょう。
今までの人生「努力」をしてきたか?

「してきた、よ」。自分のできる限りやってきました。結果が出ているか否かは別にして私は自分のできることをできる限りやってきました。


今後もやっていきます。

『二千七百の夏と冬』

2017年07月02日

寝て過ごしました。
8時に目覚め、家人との約束を果たすべくパンを買いに。
「先に食べてね~」と言いつつ夕方までずっと固形物をとらずに布団で読書。
雨が上がれば走ろうとかなんとか思いつつ、激しい雨が。
これ幸いと読書三昧。

『プラージュ』で涙。よかった。罪を犯してしまった人は、果たして人として受け入れられるんでしょうか・・・・・・・
という難しい問題をはらんだそれでした。

その後、荻原さんの『二千七百の夏と冬』。

縄文、弥生の世界に潜り込む壮大な長編かな。

「いや縄文、弥生は勘弁してよ」と思いつつおもしろい。
引き込まれます。

眠いです。寝ます。

蒸し暑いな

2017年07月01日

恒例のテニス。年一です。暑かったですね。市内を縦断してコートに着くだけでしんどかったぞ。
60歳の私が最年少でありまする、です。おかしいですよね。
60歳が一番若くて62、67、70、72のじじいたちが炎天下3時間のテニス。ふつうに思えばありえませんね。
急いで帰ってその後総会です。

シャワーを浴びますが、汗はひかず。まあやむなし。総会会場へ。

前会長が出席。なんと88歳です。

同じ釜の飯を食ったわけではないんですが、どこか響き合える何かがあるんでしょうね。
数十年前に話が戻ります。
「そんなこともあったな」と思います。

そんな懐かしさを思いつつおやすみなさい。