おやすみなさい

2020年01月18日

昨日は妻の誕生日でした。何かプレゼントをと思いましたが何にしていいのやらわかりません。
本人に好きなものを買うように言うと帽子と手袋を買ったようです。

%E5%B8%BD%E5%AD%90.JPG

彼女は帽子が好きです。あったかそうなそれが見つかってうれしそうです。よかったです。
手袋にはネコのアップリケ? が。ネコも好きです。私もネコが好きです。イヌも。

飼いたけれど蓮くんと遊ぶので満足すべきかな? あんまりなついてくれていないけどね。


うとうとしていて23時になりました。寝なければいけません。

今冬最低

2020年01月17日

阪神淡路大震災から25年がたったんですね。ずいぶん昔のことになりました。
当時は京都でもかなりゆれました。被害が明らかになるにつれ、そのあまりの悲惨さに絶句するしかなかったことを思い出します。
なんらかの備えは必須と思いつつ何もやっていません。水や非常食、ラジオやカセットガスなどの燃料くらいは用意すべきなのでしょうか。少しずつ準備していきます。(ほんまにしいや「はい」)


今朝は-18℃と冷えました。あと一息で20℃を下回るところでしたが、ならず。残念(なんでやねん。寒ないしええやん「中途半端じゃなくて、いくならいくところまでいってほしいやん」そんなもんかなあ)

18%E2%84%83.JPG

朝一仕事を始めると、手袋や長靴、しぶきを浴びたものすべてが白く凍る厳しい状況でした。手指の冷たさが痛みに変わります。それでもじいさん、その気になれば耐えられるものなんです。そのことに自身が驚いています。
明日は今日以下の冷え込み予報。ここまできたらとことんいってほしい気もします。

寒さ本番へ向かう時季、みなさまご自愛ください。

『日本地図 2020』

2020年01月16日

病院へ。数週間前から右ひじが痛みます。けっこうひどいので思い切ってね。京都にいたころは年に一回行くか行かないかでしたがこちらでの半年あまりで3回目です。肉体労働ゆえですかね。
「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん」だそうです。いわゆる「テニスエルボー」ですって。
ふつうは「外側」ですが私は珍しい「内側」だそうです。劇的に治ることはなく湿布とサポーターで緩和しつつストレッチをするように言われました。
PH11のアルカリ性の水による手荒れとひび割れもあるので塗り薬をもらってきました。両掌ががっさがさになっています。右親指の先がぱっくり。こっちは痛いです。
いずれも職業病でしょうか。他の人たちはどうだかわかりません。私だけだと、私だけが鈍(なまくら)ということです。
まあ年も年だしあちこちいろいろガタがきても不思議ではありません。自分は若いと、老いに勝とうと思わずそれなりにうまく付き合っていくしかないのでしょう。

家で読書をしていました。
「少しくらい動かないとな」と散歩に。適する気温ではありませんでしたがうろうろと。音更の図書館やら、本屋やらブックオフへ。(本ばっかりやね)

しばらく本屋さんで立ち読み。つい買ってしまいました。

%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E5%9B%B3.JPG

『日本地図 2020』です。昔はよく買っていました。1,760円にしては十分以上の内容です。時間をつくってしっかり読み込みたいです。楽しみです

さて明日から日勤5日。やります。

the Coldest Town in Japan?

2020年01月15日

「陸別へ行こう」と数日前から思っていて実行。
なぜと問われても明確な答えはありません。しいて言えば
「一番寒い町へ行って見よう」というところでしょうか。
本別で夜勤明けに向かえば八方都合よし。

仙美里、足寄、愛冠、大誉地などを経てむかいました。

%E3%81%82%E3%81%97%E3%82%87%E3%82%8D.JPG%E9%99%B8%E5%88%A5.JPG%E3%81%97%E3%82%82.JPG

おもしろい地名ばかりですが読めますか。左から順に「せんびり」(今の職場のNさんの住まい地)「あしょろ」(これは読めましょうか。松山千春さんの出身地)「あいかっぷ」(きれいな名前です)「おおよち」(かの鈴木宗男さんの故郷)です。
北海道は難読地名の宝庫です。もっといっぱい見つけて「これは」というのを届けましょう。

陸別はあんまり寒くなかったです。雪もなく、拍子抜けです。着いたのが9時ころ。最低から上向きだした時間帯とは言っても音更や本別の方がは低いんじゃないでしょうか。写真右は帰路、足寄湖PAです。看板に霜です。

「最低の町」の体験は不発に終わりました。残念ですがやむなし。また行きましょう。

さっきからこっくりこっくり。夜勤明に直行はきついです。ねむいです。おやすみなさい。

石狩山地

2020年01月14日

夕方から出勤して明朝で今回の5日夜勤終了。さすがに疲れて眠いです。帰宅後毎日寝ますが、3~5時間くらいかな。居眠り運転をしないように気をつけなければいけません。
19:30 ~翌7:30 までの12時間。我ながらよくやるなという感じです。24時間操業工場現場で働こうとは思ってもみませんでした。こっちへ来てから、やったことがないことばかりいろいろ体験させてもらっています。人生どこでどう転がるかわからないものです。

たまたま数年ぶりに中学同窓のSSくんから電話がありました。
「十勝に引っ越した」というと驚いていました。そりゃそうでしょ。私にとってもそうなんですからね。
「同窓会やる予定なんだわ」
「都合さえつけば参加させてもらうよ」。うまく行ければいいですね。
Sくんと京都で会ったとき考えました。
「まさか、Sくんとここでこうして食事を共にするとはなあ」。いやほんと。人生どこでどうなるかわかりません。
50年近く会っていない同級生たち。名前や顔は思い出しますがまあ、だれがどなたかはわからないでしょうね。

63年生かせてもらってます。こちらへ来てからの半年余りで実にいろいろな体験をさせてもらっています。このあと、果たしていかなる余生が待っているのでしょうかね。楽しみでもあり、未知るがゆえこわくもあります。しっかり生きていかなければいけませんね。

%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E5%B1%B1%E5%9C%B0.JPG

音更から北方向に見える山並みです。石狩山地でしょうか。

帰路に撮りました。

成人の日

2020年01月13日

成人の日ですか。式典などは昨日行った市町村が多かったようです。讀賣新聞の道内版では4分の3のそれらが行われたとあります。ニュースなどで報道される新成人の抱負にほほえましさや頼もしさを感じます。(昔のようにあれるそれらは減ったようですね)
「立派な人になってくださいね」とじじは思います。

最近では10歳の子らが「2分の1成人式」をやったり40歳の人の「ダブル」があったりするそうですね。してみると私は「トリプル」を超えたことになります。思えば遠くへきたもんです。人生100年時代と言います。「4倍」を目指しましょうか。

実際の20歳のときは学生でした。生活費を稼ぐに必死で自分の「成人」は意識にありませんでした。アルバイトの軽トラの車内で晴れ着の女性やめかし込んだ青年らを見て気づきました。
「あ、俺、成人か?」。案内はきたのかな。籍は香川で京都に住んでいたから記憶にありません。中高を過ごしたのは釧路ですし仮に香川や京都のそれに行っても知人友人はいなくておもしろくもなんともなかったでしょうね。ということで故郷無しを実感するつゆちゃんです。


十勝は寒いです。道内でも気温が低い方です。今朝は14、15℃でした。雪は少ないです。もともと多い地域ではありませんが一層少ないそうです。全道的にスキー場は雪不足で困っているようですね。信州でペンションパンセを営むM先輩も小雪に驚いています。スキー場に限らず降るものが降らないと春からの農作物など影響は大きいようです。「何事も程よく」と中庸を願うのは凡夫のつゆちゃん故かな。

少ない雪に覆われた庭です。寒そうでしょ。ここには写っていない木に毎日のようにヒーヨ(鵯)が来て実を啄みます。寒い冬の貴重な食料なのでしょうかね。

%E8%A3%8F%E5%BA%AD.JPG%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AB%E3%83%89%E5%A4%A7.JPG

あったかい室内でアボカドはすくすく。文庫本とお比べください。大きさがおわかりいただけるでしょう。土への植え替えが必要かなと思いますが、環境を変えるのには勇気がいります。元気に育ってほしいですから相応の対応をしてやらねばね。

第38回全国女子駅伝

2020年01月12日

全国女子駅伝を見ました。夜勤なので寝て備えるべきでしたがついつい。
京都市内の見慣れた光景が懐かしいです。いい年をしたじいさんが胸をきゅんとさせました。思いは複雑です。「その気になればいつでも行ける」というのと「思えばずいぶん遠くへ来たもんだ」というのが錯綜しているでしょうか。熱いものがこみ上げました。

「京都」が大逆転で見事優勝しました。じいさんまたも熱いものがほほをつたいました。おめでとうございます。
北海道は34位でした。その他の都府県の選手のみなさんもおつかれさまでした。

走るのをやめた(やすんでいる?)じいさんもどうしようか悩むところです。月100はとてもじゃないですが無理です。数字にこだわらず軽く走るかなあ・・・・・・


今朝の帰路です。冷え込みは-8℃くらいでそうきつくないのですが、少し雪が降って凍っていました。車が左右にふられます。少し慣れたとはいえやはり「おっかない」です。

%E3%82%86%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%A1.JPG

60km/h くらいで走り、危ないと思えるところではかなりスピードを抑えて用心しながら走りました。ニュースでは運転を誤って事故が起きたという報道をよく見聞きします。何かあっては取り返しがつきません。油断は禁物です。

日曜日なので交通量が少なく、今日の往路もあまりいい路面状況にならないと思います。気をつけてボルちゃんを走らせます。

そう言えば夕べの往路、真っ白なエゾウサギを見かけました。道に飛び出してボルちゃん前で停止。きょとん顔でした。むこうも驚いたでしょうがじいさんもビックリでした。写真に撮れたらお目にかけます。

石炭考

2020年01月11日

石炭、まさしく「石」の「炭」です。硬くて重いです。同体積の石に比べると少し密度は低いでしょうか。
あたりまえですが燃えます。火力は強いです。程よく保つには空気吸入口を微妙に調整したり石炭をうまく投入したりという工夫は必要です。
炭ガラを捨てるのや煙突のすす払いは手間ですがものを燃やして暖をとっているという実感はあります。自身ここで再び出合うとは思いませんでした。懐かしい・・・・・・

%E7%82%AD3.JPG%E7%82%AD1.JPG

昔は九州や北海道などで多く産出されていました。釧路時代、クラスにお父さんが太平洋炭鉱に勤める人がいたと思います。事故もない優良鉱だったと記憶しています。他鉱が閉山していく中、長く残っていたように思います。エネルギー革命で石油に取って代わられました。最後はどうだったかは覚えていません。S野くんという勉強がよくできる友達のお父さんが勤めていたような・・・・・・遠い昔です。

いかがでしょう、K口さん。石炭譚です。実際に目にできて暖かさを感じられるといいんですがね。

そう、TCさん年賀状ありがとう。ニンジンが食べられるようになってよかったです。

お二人ともご愛読ありがとう。

では、また。

春遠からじ

2020年01月10日

音更から西を見ると山並みが目に入ります。日高山系でしょうか。雪をかぶった姿が美しいです。
十勝の人にとって心の山ということになるのでしょうか。
旅行中などに見た山で印象に残っているのがいくつかあります。富士山は別格として青森の岩木山、北海道の羊蹄山、利尻富士が目に浮かびます。またどこかへ行って山だけでなくいろいろなものを目にしたいですね。

%E5%B1%B1%E4%B8%A6%E3%81%BF.JPG

写真下に赤白の矢印があるのがご覧いただけましょうか。なんだかおわかりですか。
「車道の端っこはここだよ」と知らせるための標識です。雪が少ない年は必要ありませんが多いときはこれがないと道路からはみ出て歩道に乗り上げたり畑に落ちたりという事態になります。
場所にもよりますが点滅したり車の前照灯を反射したりでよく目立ちます。他型式の同様標識もいくつかあります。またお目にかけます。(え、興味ないって。はい)

信号が縦型だとか交差点の停止線を教える標識も北国ならではかもしれません。

ボルちゃんのウオッシャー液。原液を入れていましたが完全に凍ってしまいました。たぶん春まで出てこないでしょう。大失敗です。ガラスが汚れても液無しでワイパーを動かすしかありません。参りました。困ったもんです。
霜除去に時間がかかるのを避けるのに、フロントガラスを覆うシート様のものを買ってきました。果たして役立つでしょうか。使ってみます。

降ってすぐの雪を取り除けるには竹ぼうきが便利なようです。買ってみました。次に雪が降ったら試してみます。

%E7%AB%B9%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%8D.JPG%E6%94%AF%E6%9F%B1.JPG

フリージアの葉っぱが伸びすぎてふにゃりと垂れ下がるので支柱を買いました。(雪と関係ないね「ですね」)さらにぐんぐん伸びてくれてるでしょう。花が楽しみです。

寒さはこれからですが少しずつ夜明けが早くなっています。日の入りも遅くなりつつあるのかな。
春はまだ先ですがあったかくなるのを楽しみに日日過ごします。


地球にやさしく

2020年01月09日

暖房、給湯を賄うのは灯油です。契約をしている燃料店の移動販売車が回って来て月に1回給油してくれます。今回は240L あまりで22,000円くらいです。懐にも地球環境にも負担が大きいです。節約のためできるだけがまんしています。
昼ご飯後は、ダウンを羽織ってストーブを消しました。そんなに寒さは感じませんでした。身体を休めようとめったにしない昼寝を試みました。眠れませんでしたが布団の中でぼんやり脱力できてよかったかな。

%E7%81%AF%E6%B2%B9%E4%BC%9D%E7%A5%A8.JPG%E7%81%AF%E6%B2%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF.JPG

大量の灯油は屋外のタンクに入れます。ボルちゃん後ろがそれです。妻によると450L 入るそうです。
20L ポリタンク22本と半分ですからその量や多しですね。

私の釧路(中高)時代は石炭でした。若い人はそれを見たこともない人も多いようです。都麦のK口さんからのメールにありました。
「石炭が普通に燃料として使われているというのも初耳。炭と言えば、自分の中ではバーベキューで使うアレしか頭にないので石炭の重さだとか質感なんかが皆目わかりません」とあります。
それはそうでしょうね。私も釧路暮らしがなければ同様でしたでしょう。

厳冬の北海道ですが環境にやさしくする意識は忘れずにおきたいです。凍えない範囲で自分だけでも節約を心がけます。出勤前の5分間の暖機運転は勘弁願います。

そんなに暖房をきかせる我が家ではありませんが葉っぱたちは元気にやっています。そう思えば今の温度で問題なしなんでしょう。

%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%9F%E3%81%A11234.JPG

彼ら彼女らを独り眺めにんまり、満足感に浸っています。外は寒いですが室内で元気に育つやつらを見ているとうれしくなります。京都から連れて来た子らも元気です。
アイビーがちょっとしんどそうなのが心配。外に置いたマツが折れているのに気づいて動揺しています。
自分の不注意でしょうか。心痛いです。春になって再生してくれることを願いつつやすませてもらいます。

妻が今日からパートタイム仕事に出始めました。やすみだったので送迎を。
少しは慣れましたが雪道は余計な気を遣います。不要不急以外の運転は避けようと思っています。