ちっちゃい

2018年04月23日

月一紙仕事。封入糊付けを終えて家を知っている生徒んちに宅配。
およそ6km 。歩数にして7000 くらいでしょうか。

「一日に9000歩くらい歩きなさい」という新聞記事を読んだ気がします。それから意識しています。今日は10000歩、歩きましたがふだんはいいとこ6000くらいです。
まあ、私の場合、走った日はそれなりの歩数なので平均すれば一日9000くらいいっていましょうか。
時間があるとき計算してみます。

連盟のS会長は数年前まで一日一万歩をやっていました。今でもやってらっしゃるんでしょうか。
毎日一万歩はけっこうたいへんですね。

話もどります。

暑かったですね。歩き始めて後悔しました。けっこう遠いところまでいきました。汗だくでした。
1000円くらいの節約時間と体力消費を思うと、どっちに天秤が傾きましょう。
どなたも何もなくて1000円はくれないでしょうから、やっぱり配った方がいいんかな(ほんまかいな)。

まあ小さいことでちまちま。そんな人間です。

そうめん『揖保乃糸』

2018年04月22日

「大葉でそうめん食べよ」と近くのスーパーへ。
「1km くらいだし歩いて行こ」。
「大葉」と書いた棚に「大葉」が一つもない。すっからかんです。
「なぬ? 私と同じ考えの人がいっぱいいたのか」
「あそこにもう一軒あるよな」と別のスーパーへ。
「あと1km くらいさきだなあ。自転車でくればよかった」とか思いつつてってけとっとこ。着きました。
はい、どこにも大葉なし。参りました。
「まあ、いいや。しようがない」。そうめん「揖保乃糸」をと思いましたが隣に無名のお徳用品が。安いしそっちにしました。
ちょっと太めで腰は強いですが・・・・・・それなり。
やはり「揖保乃糸」に軍配が上がりますか。


今日はなんかだらだら。走ろうかとも思いましたが今年の方針「無理はしない」に従いやめました。

読書に勤しみ『鴨川食堂』の最新刊を終えました。しみじみです。

『ぼくは明日昨日のきみとデートする』もおもしろいです。同時並行ですので間もなく終えるかな。

かなりだらだらの一日でした。けっこうまあいろいろです。

この時期定番のつつじです。

CIMG5341.JPGCIMG5342.JPGCIMG5343.JPGCIMG5344.JPG

右端はサツキツツジでしょう。

さて明日からの1週間はちょいとです。

できる範囲でやります。あくまで無理せずできる範囲にとどめます。

春の香り

2018年04月21日

時間がありましたので走りました。
たったの7km ですがけっこうへろへろしんどかったです。
「フルがどうのではなく走ることを引退せねばなるまいか」と思える今このころです。

どうしましょ。ほんとにしんどいです。
早い話、やめるが最良ですね。
無理をしないと決めた今にぴったりです。

月100㎞ は目指しますがだめでも止む無しでいきます。

モッコウバラですか。走り途中で見かけました。

%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%B0.jpg

香りに春盛んを感じます。

あちこちそちこち花いっぱいです。

生き物好きには最良のときです。

当て外れ

2018年04月20日

「はや満開 名所悲鳴 大型連休には散ってしまう」と夕刊に題字が踊ります。暑すぎてツツジやシバザクラの開花時期が早まっているようです。3月の近畿気温最高平年より2.1℃も高かったようです。
例年なら大型連休に満開の花名所が思いの外の早いそれで困っているようです。

ま、自然は人知を超えます。こっちの思うようにはなりません。そんな年はそんな年と考えるしかありません。

紅葉の赤は秋ですが、今時分赤く染まる紅葉もあります。ご存じでしょうか。私は「ある」ということしか知りません。

%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%82%82.JPG

ゼミ向かいのNさんちに今まさに真っ赤なそれがあります。濃い赤ですね。


なんか、どうしめようかと思いつつ、しめようがなくあれこれいろんなことが巡ります。
直近のこともあればはるか大昔のこともあります。
「60年以上生かせてもらたんだ」と改めて、かつしみじみと思います。

平均寿命まで、いやそれは別にしてこの後もしっかり、しっかりいきたいです、ね。

為せば成る

2018年04月19日

帰り、タヌキをひきそうになりました。急ブレーキ、右にハンドルを切って難を逃れました。上賀茂橋を渡って少し行ったところです。
カーブを曲がってすぐで速度が出ていなかったのがよかったのでしょう。ひいてしまったら寝覚めが悪いですからね。
「つゆ、犬猫はかわいそうでもひかなあかんねん」とKオートの現社長、当時は平(?)のHさんに言われたことを思い出します。
尻尾も身体もふっさふさの毛におおわれたみごとなタヌキくんでした。30年くらい前に原谷のゼミ前で親子タヌキを見て以来でしょう。
こんな出遭いじゃなければ親交を深められたかもしれません。仲よくしたかったな。触れ合えたらうれしかったなあ。


生きているといろんなことがあります。酸いも甘いも苦も楽も。喜怒哀楽、悲喜交交。なんだかんだあります。

月100を走ると誓った(誰に?)から続けています。年100冊読むと宣言したからやっています。毎日ブログを書こうと思ったからなんとかやっています。

どれもどうでもいいことです。すべてを投げ出したくなる日って、みなさんありませんか? 私はありますよ。それでも大人というかいい年のじいさんなので投げ出さず、なんとかやっています。

やり続けましょう。

季節を愛でる

2018年04月18日

3時ころ(だったかな)ピンポンが。
「はい」
「京都学園のK田です」
「あ、はいはいどうぞ」

「今年から北区の担当になりまして」とかなんとか。
「ブログを拝見したら文教さんや京都芸術さんも来られたみたいで」。あらあら、ここでも駄ブログをお読みいただいていたんでしょうか。恥ずかしや。今少し真面目に書かねばとも思わなくもありませんが私には難しいですね。

学園さんは中学で普通くらいの子をそこそこの大学へ入れてくれます。うちの子らも毎年に近く1名ずつくらいお世話になっています。
今年も京阪神や国公立へ40名近く合格者を出しています。すごいですね。

この間来てくれた文教さんも鳥取かどっかの医学部に合格者を出していましたね。薬学部へも二けた合格など健闘しています。

文教のN山先生の前職は学園です。いろいろと私学間の事情が絡み合います。

%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%8C%E3%81%8F.JPG

複雑なのかなあ・・・・・・私のような世事に疎い人間にはうかがい知れないものがあります。


ゼミ裏のアジサイがみるみる成長。花が楽しみです。

%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%82%E3%81%98%EF%BC%90%EF%BC%90.JPG%E3%81%93%E3%82%80%E3%81%93%E3%82%80%EF%BC%90%EF%BC%90.JPG

コムラサキも新しい葉が出始めました。

毎年毎年その季節の花やなんやかんやをここに更新しています。当然ながら同じような写真ばかりです。でも一つとして同じものはありません。またそれらを愛でる時季をむかえられたことに感謝します。

そうそう、中1理科で花のつくりをやりました。門松から育てた葉牡丹が菜の花と同じ構造なのでみんなに見てもらいました。ついでにi Pad でボタンやスズメバチ、アシナガバチやクマバチの画像を見せました。カボチャやスイカの雄花雌花の違いにも話がおよびます。
動植物が好きなのでそっちの話になるとついつい余談がふえます。

そんな中から生徒らにも興味が広がってくれたらいいなあと思いますが、なかなかそう簡単にはいきません。

教科は限らずどの教科でも生徒らが関心を持てる授業ができたらいいなあとの毎日です。


綿花

2018年04月17日

さてPC。
着くなりスイッチオン。昨日とは違う画面ですが「まし」。今までにも見たことがある画面。
「修復しています」「修復できませんでした」の繰り返し。
「掃除してくるしその間に修復してや」。

起きていました。デスクトップにある必要なデータをUSBメモリに急いで(別に急がんでもええか)コピー。
助かった~

ちょっと安心。一応外付けのハードディスクに保存できるようにしてはありますがデスクトップ保存には今後要注意ですね。


今のゼミ前は花なし状態です。プランターや鉢には何も植わっていません。夏に向け何かの種を播こうかと。
「そういえば綿の種があったな。ずいぶん前のやけどどうやろ」と思って探し出しました。

%E3%82%8F%E3%81%9F%EF%BC%92%EF%BC%92.JPG%E3%82%8F%E3%81%9F%EF%BC%91.JPG

種の回りは文字通りの「綿」で厳重に覆われています。それを指やハサミで取り除きます。けっこうたいへんです。(あんた、ひまか「いやあ、それほどでも」はい、ひまやね)
一昼夜くらいは水に浸してから播いた方がよかったように記憶。時期的にはちょうど今ころだと思います。
花はオクラのそれにそっくりで大きくて美しいです。

播種(はしゅ=種まき)、出芽、成長、開花を楽しみにしましょう。
10年以上前に種を播き、その花からとった2代目なので芽が出て育つか不安もあります。
「綿」くん、がんばってね。じいさんもがんばるさ。

一粒の種から芽が出て茎を伸ばし葉を広げ花開き次世代につなぐ。

人の世も同じ、塾の仕事も同じでしょうか。
成長の助けになれればいいなと思います。

芽吹き

2018年04月16日

ゼミについてPCのスイッチオン。ポットのマグネットと共に必ず最初にやります。
今日は大荷物だったので車からそれらを下ろしたときに「オン」。車を置いてもどって画面を見ると・・・・・・起きていません。その後何回かやってみます。
「お願い起きて」。起きません。去年から不調でごまかしつつ使いつつ新しいやつを使えるようにはしておきました。ただ現時点判明している不都合が二点。
一つはまあ入力したデータが使えないというだけ。3時間分くらいを再入力すればいいだけです。
もう一つが問題です。明日もう一回、古い方を起こしてみてだめなら善後策を講じます。
なんとか一瞬でも機嫌よく起きてくれないかなあ。

それなりの店に持ち込めばそれなりの対価で修復してくれるかもしれません。考えてみます。

PCは順調に動いてくれていれば便利なものです。一たびご機嫌を損なうとねえ、私なんかにはどう対処もできなくなります。

「明日起動してね」


昨年埋めておいたイチョウがどうやら芽吹きましたか。新しい命です。

%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86.JPG

たぶんイチョウの芽だと思います。1週間前くらいに見つけましたがぬか喜びになってはと公開が今日になりました。
明日からの楽しみがふえました。

他にも楽しみがふえるといいな。ふやすべくやります。

猫カフェ「まるまり」さん

2018年04月15日

夕方猫カフェ「まるまり」さんへ行ってきました。5、6年くらい前に行ったきりでした。
住所でいうと山端でしょうか。平八茶屋の北にあります。

10匹くらいいました。思わず頬がゆるみ、目が細まります。いやあめんこい。

CIMG5330.JPGCIMG5334.JPGCIMG5331.JPGCIMG5333.JPG

ほんの少しペースト状のえさをくれます。それを指につけていると近づいてきます。厚かましいやつは膝の上にまで乗り指に前脚を引っかけて舐めにきます。

なんだっていってかわいいですよ。
「おおおお、そうかそうかおいちいか」なんて幼児語になってしまいます。

15分で200円です。それが高いか安いかすっぱいかは人によりますか。
私は30分滞在しました。
「飼いたいけれど飼えない」という私としてはときどき行きます。なんだっていってめんこいです。

『ぼくがいま、死について思うこと』。椎名さんを終えました。死からはるか遠くにいると思った椎名さんが己の死について考えたわけです。とはいっても彼は私の一回り上、今年74歳です。
孫ができて人生観が変わったような。椎名さんとは思えないような心境の変化です。
私は孫ができてどうのこうのの変化はありません。

椎名さんの本を読んで思うところはありました。それについてはCMのあとです。
ではなくて、またいつか近いうちにします。

今日はやっとこさっとこで14km 走りしんどいです。この距離で疲れるくらいですから42.195km 、フルはやめた方がいいでしょう。


フジの花が咲き始めています。

CIMG5336.JPGCIMG5340.JPG

宝ヶ池の公園の一角です。春たけなわです。


じいじの一日

2018年04月14日

つゆじいの今日の一日は?
①走った
②献血した。
③ぼうっとした
正解はCMのあとで(ばか)

えっと正解は②です。

自転車にするか迷いました。午後遅くは雨予報。といって地下鉄運賃使ってまではと考えながら歩いていくことに。(あんたやっぱ普通ちゃうな。10km くらいあるやろ)
暑くて降参。3駅歩いて乗りました。軟弱です。(それが普通です「かな」)

献血ルーム入口に張り紙があります。
「AB型とO型が不足しています」

ということで血小板献血のつもりでしたが、400mL に。

顔なじみのKさんとお話ししつつ、なんだりかんだりということもなく終了。10分前後ですね。
全血は早くてらくちんです。

気のせいか全血のときは事後ふらっとします。

てくてく歩いてたったかたったか。雨が降り始めましたがさっさかずいずい。
「ここで地下鉄はもったいない。ここまできたら、せめてビブレまでは」と思って到着。

4階の大垣書店で本を物色。柏井さんの『鴨川食堂』連作の最新作やケント・ギルバートさん、百田さんのや、いろいろ・・・・・・・ほしいものがありましたが我慢。今読んでいるのがあるし、読んでからにします。

新刊書店は寄らぬにこしたことはありません。魅力的な本がいっぱい並んでいます。見ればほしくなるのは当然至極です。柏井さん、百田さん、五木さんなど。
ほんとは村上春樹さんの『ラオスにいったい何があるというんですか』が目的でしたがありません。新聞の新刊紹介にはありましたがまだ店頭には間に合っていないのでしょう。

新刊で買うのはやはり高い。ためらいます。けっきょく何も買わず店をあとに。
あとに後悔するんですよね。
「本は読みたいとき、買いたいとき、目にしたときに買っとけ」というのがわかっていますが貧乏性のつゆじい毎度の悔いを重ねます。(それがあんたやしええんちゃう「ありがとう。よき理解者」ふふん、まあいっしょやしな「だよね、あは」)

CIMG5325.JPGCIMG5327.JPGCIMG5329.JPG

北大路商店街のツバメマンションのようすを少し。

少なくとも7、8軒が新居を構えようとしていました。

元気な次世代を期待します。