蔑ろ

2017年04月28日

中3生としゃべっていると明日は部活の春季大会の総合開会式みたいなので西京極へ行くそうです。運動部の各部代表みたいな人は2台の貸し切りバスで行くそうです。すると吹奏楽部のMさんが言います。
「ええなあ。私自分で行かなあかん」
「え、そうなん? 何時?」
「西京極に7:45です」
「え、むっちゃ早いやん、たいへんやな」
「お母さんに頼んで送ってもらいたい」
「そやな、そうしい」。休みの日に早起き、しんどいですね。

しんどいと言えば「中学教諭58% 過労死ライン」という記事が讀賣に。校長先生が10.5時間、教頭先生や副校長先生は12時間、役職でない先生で11.5時間ですって。そう先生はたいへんです。昔PTA会長をやらせてもらったときに感じましたね。特に教頭先生がたいへんそうでした。
校門の鍵開け、鍵締めが役のようで一番早く来て遅く帰るという感じでした。私が塾関係で夜の会合が無理だったんで午前中にそれをしました。教頭先生には幸いだったと当時の彼の言動を思います。
部活顧問の先生は日日の練習のみならず休日も試合があれば引率が必要。なにかあれば責任も問われましょう。若い先生の運動部顧問を敬遠する傾向もあるそうですが当然でしょう。
とは言え、昔の青春ドラマの熱血先生がいてくれて、生徒らもそれにこたえるという場面を私は望んでいますが。

過労死ラインは月残業が80時間超らしいです。ということは月労働時間は240時間くらいなのかな。よくわかりません。
若いころは、とんでもなく仕事をしていましたね。月労働時間310時間だったのを覚えています。本づくりと塾を兼務していたときはすさまじかったです。校了のために徹夜。展示会で出張して帰ってそのまま塾で授業もあたりまえ。今なら無理だと思います。よくやりました。
今、表に出たら労基局から査察が入ります。というか極めつけの「ブラック」ですね。残業手当もありませんし代休もとれませんでした。それに対してなんの不満もなく働いた私は変? まあ、家庭は蔑ろにしたのかな・・・・わかりません。


60歳になって初めて考えることもありますね。いまだわからぬことも。
人生の「正解」はどこにあるんでしょう、ね。私ごときにはわかる術はありません。


昨日「毎日、花云々」を書きました。できれば今までお目にかけなかったそれらをと思います。

%E3%81%8B%E3%81%9F%EF%BC%99.JPG%E3%81%AA%E3%81%9E.JPG%E3%81%AA%E3%81%9A.JPG

今までも花はいっぱい紹介したのでなかなかそれはありませんね。
今日はカタバミ(これは前にも紹介しました)。露原家の家紋は剣片喰(ケンカタバミ)だと母親が言っていたのを思い出しました。
中央は知らない花です。調べましたがわかりませんでした。
右はナズナかな。通称ペンペングサです。

原則、野の花で。まれには、やむなくば栽培種もありで、できるところで花紹介をやっていきます。


すみれ

2017年04月27日

出勤途中、路上にピンクの物体。
「菓子の空き箱かな」と通り過ぎました。
「ん?」と思って見ると、スマートフォンでした。
「あらあら」。金閣寺の交番へ届けました。

「だれもいないとめんどうだな(電話で北署へ連絡しなければいけません)」。無人でしたが声をかけると奥から出てきてくれました。

事の次第を説明。この間のクレジットカードのときはしゃんしゃんと片づきましたが今日はけっこう時間が。
「拾得物預り書」(送り仮名まちがっていますね)と「拾得物件に係る権利放棄の意思及び氏名等告知の同意の有無確認票」を手渡されました。要は「拾ったもんの権利をとやかく言いません。落とし主からもなんのお礼もないで」に同意しなさいということです。
「はい、もちろんそれでけっこうですよ」と交番をあとに。

「現金拾えば私の対応はどうなんだろ」と考えました。100万円とかでしたらさもしいことを思うかな。
「お礼に1万円くらいもらえるかな」と。へへ・・・・・・


出勤途中に見かけた野のすみれです。

%E3%81%99%E3%81%BF%E3%82%8C%EF%BC%90%EF%BC%99.JPG

原谷へ向かう途中の京大だか府立大だかの演習林に咲いています。


今ふっと思いました。毎日一枚花の写真を挙げ続けようかな、と。思っただけですんで実行できるか否かは不明です。明日以降をお楽しみに。(だ~れも期待してませんよ「承知しています」)

それでも一幅の写真があれば少し和んでいただけましょう。できるだけ「花」をご覧いただきましょう。

年金

2017年04月26日

晴れたら走るつもりでしたが予報どおり雨。資源ごみを出した後、ぼーっとしていました。
珍しく電話。
「Sです。今はNになりましたが、覚えてくれてます」
「ああ、もちろん。いや会社にお伺いしてもいらっしゃらないし、どうしたのかなと」
「育休していたんですよ」
「ああ、そうなんですか」
「ずいぶん先の話なんですが、2019年に新しい国語の教材を作る予定なんです。そのときお手伝いいただけたらと思って」
「ええ、もちろんいいですよ。元気で生きていたら」
「先生は大丈夫でしょう」
「むふ、あはは」
確かに先の話です。そのときを楽しみに、元気に長生きしましょう。2年後いかに過ごしているんでしょう。神(信じていませんが「罰当たりめ」)のみぞ知ることです。

年金についての新聞報道がありました。70歳を超えてからの受給もありだそうです。支給額が増額されるようです。そこまで我慢して、多くもらえるかもしれませんが、その前に死んじゃったら・・・・・・
国の財政や若い人たちの負担に思いが及ばない訳ではありませんが、ねえ。自分の生活の方が大事です。

自身が年金をどうのこうの言う年になりました。うむ。年をとりました。62歳からもらえるんでしたっけ?


ゼミ近くのハナミズキです。

%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%BF.JPG

あまりにいい色だったんで、雨の中わざわざ撮りに行きました。その割にはたいしたそれではありません。このあとしばらく楽しめそうですね。

成長

2017年04月25日

月末なんで支払いがいっぱい。しんどいけれど払うべきは払わなければいけません。
郵貯北局へ。視線を感じ、ふと見ると、なななんとTくんのお母さんです。互いに会釈します。
「この場のこういうときは話しかけない方がいいのかなあ」。わかりません。

先にTくんのお母さんが終わられて近寄ってこられました。
「せんせ、ここんところよくお会いしますね」
「いや、ほんとに。3、4年お会いしていなかったのにここ2週間で3回ですもんね。イズミヤへはよく行かれるんですか」
「いや、いつもは大宮の生協なんですけど、今改装中なんですよ。カナートとかビブレとかもあるんですけど、ここは駐車場が停めやすいんで」
「なるほどそうでしたか」

その後しばらくTくんの「中2病」の話をお聞きしました。お子さんおひとりで今までずっと向き合ってきたのでTくんの豹変(?)に驚かれているみたいです。人にえらそうにとやかく言える人間ではありませんが、できる限りを伝えました。


この時期、新人が多くて研修なんかをやっているんでしょうか。郵貯の「待ち」が長かったですね。けっして気は短い方ですが耐えました(? 日本語おかしくない「わざと」)。融通が利かない方がいます。
「もう少し臨機応変にやれば」とも思います。まあ、規則に則ればそれもやむなしなんでしょう。


日曜日の飲み会で帰宅後、家でてっころんだ(北海道弁です)みたい(「みたい」って覚えてへんの「はい、面目ありません」はいはい)です。左脚脹脛が腫れ、痛いです。右ひざはすりむいていてひりひり。気をつけなければね。外にいるとそれなり気をつけますが家に着くと安心するのかな。地下鉄では普通だったと思います。酒飲みの悪い癖です。つい過ごします。以後気をつけます。


モミジの「展葉」です。種から3年目で50cm くらいに育ちました。2年目のそれは25cm くらいでしょうか。

%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%A8%E3%82%A6.JPG

ひと世代前のそれは長女の庭にやりました。

モミジに限らず成長はうれしいです。今の一番は孫のそれかな。生徒らにも同様育ってほしいのはもちろんです。

仏説魔訶般若波羅蜜多心経

2017年04月24日

63、62、61、60。昨日のメンバーの年齢です。年をとったものです。知り合ったのは30代半ばでしたか。
肺やコレストロール、リウマチなど、みんなどこかしら不調を抱えているみたいです。その割にみんなよく飲むし食べます。一番量の少ない(安い)飲み放題プランでしたが、食べ足りないのか追加注文しました。私はお腹いっぱいでした。しかも串カツなど揚げ物系をぱくぱく。頼もしい食欲です。
表だって不調がないのは私だけです。表に出ていないだけで悪いところはあるかもしれませんが、ね。体だけは動かしているからなのかな。無闇に運動するのはけっして体にいいとは思っていませんが。
まあせっかくなんでみんな長生きして今後も楽しい人生にしなければいけませんな。つゆはらくんはたばこをやめるに越したことはありません。長生きしても薬漬けや寝たきりのそれでは生きている甲斐もありません。私の父方のばあちゃんのように元気で生きて最期ちょっと入院して子らにも別れの挨拶ができてぽっくりが理想でしょうか。ばあちゃん朝夕仏さんを拝んでいました。般若心経です。
「毎朝毎晩、なにを念仏あげてんの?」
「どうぞ迷惑かけずにぽっくり逝かしてくだしさいと拝んどんじゃ」
その通りでした。そこは見習いたいです。若い人には理解できないでしょう。私もそうでした。いつの間にか自分の人生の最期を考える年になりました。

(なんか暗いな。「いやそんなことはりません。誰もが通るしいつかは考えることでしょ」まあそれはそうだけどね)

けっして人生を否定的にとらえているわけではありません。まだまだ元気で子どもらと接していたいと思っていますよ。年の差や違和感がないと言えばうそになりましょうが、まだまだ現役でやっていくつもりです。生徒が来てくれるかぎりはね。


おやすみなさい

2017年04月23日

やすみます。久久に古い友人たちといっぱい。
家に着いたら午前さまでした。

いろいろ

2017年04月22日

なんという目的もなく自転車でふらふら。300km くらい。うそです30km くらいかな。お尻が痛いのが難点です。

その後走りました。16km かな。今月86 くらいでしょうか。なんとか100 はいけるかな。できれば借りの13 くらいを少しでも返しておきたいです。
まあ、だれにもなんらの影響がないことなんで、どうでもいいことです。

途中、洛北高校で撮ったシバザクラと八重咲のサクラです。

%E3%82%84%E3%81%88.jpg%E3%81%97%E3%81%B0.jpg

色鮮やかです。私も鮮やかに生きましょう。

いろいろあります。そう、いろいろ。

それなり

2017年04月21日

近く以外は郵送していたゼミのお知らせ。切手代節約で家が把握できている生徒んちには散歩を兼ねて手配りしてきました。都合5km 歩きました。町内の端から端まで散在しているのでけっこうな距離でした。暑かった。
事情が許せば毎月宅配しましょう。スーツに革靴ではきついですが、まあ月一ならいいかな、と。

途中O田さんにぱったり。さつき保育園の園長先生です。昔は娘らと同窓の子らのお母さんでしたが、いつの間にかえらいさんになってはります。
有為転変、かなあ。ほんと人生に紆余曲折、竜頭蛇尾、鶏口牛後、羊頭狗肉。

この先もなんだかわからぬままなんでしょうね。


訳わからぬ私はどうでもいいですね。

コムラサキの新葉が。

%E3%81%93%E3%82%80%EF%BC%99.JPG%E3%81%97%E3%81%B0%EF%BC%99.JPG

シバザクラも花開き始めました。

毎年、いつも同じです。その毎年を迎えられてることが幸せなんでしょう、かね?

よくわかりません。わからぬままのそれをすごすんでしょうね、きっと。

まあ、なるようにしかなりません。それなりにそれなりにやっていきます。

胸突き八丁

2017年04月20日

郵便を出しに徒歩で町内をてくてく。生徒のお母さんとお会いしておしゃべり。
「最近全然言うこと聞かないんですよ」
「わかります。塾でも『おお、こいつ一丁前に反抗期やな』と思いますよ。だれもがみんな通る道ですしね。私もそのころは、ね」
「やっぱりそうですか。がつんと言うてやってくださいよ」
「はい。まあ、家では一度ほったらかしにしてみてもいいかもしれませんよ」。とかなんとかけっこう長く立ち話。中学生のお母さんはたいへんだ。

ガソリン代節約のために自転車出勤。楽ではありませんが乗ることに楽しみはあります。往路は汗をかきたくないし上りが多いんでちんたら。それでも原谷は一山越えるんでしんどいです。
「よくやるな」と思います。
復路は経路を変えました。胸突き八丁の200m くらいの上りがあります。自転車を押して上がると一気に下り。北山通りの一筋北に出られます。30分を切って帰宅できました。
そんなにとばしたわけではありませんが、はあはあぜえぜえ、です。無理は禁物です、還暦ですから。

家のペチュニア赤系が。パンジーは満開です。

%E3%81%BA%E3%81%BA%EF%BC%90%EF%BC%98.JPG%E3%81%BA%E3%81%BA%EF%BC%90%EF%BC%99.JPG

種からなので花は小さめですが、それだけに愛おしいかな。苗を買って植えたのは大きな花をいっぱい咲かせています。それはそれで美しいです。あとしばらく楽しませてもらえます。

そろそろアサガオの種まきをしなければいけませんね。去年の種があったかな・・・・・・
確認しましたがありました。時間を見つけ蒔きます。

自転車と共に娘らからもらったお守り(平安神宮のものですね。長女が式を挙げたところです)をグランパ号に貼り付けました。

%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8A.JPG

若くないんで用心して乗ります。自転車には乗っても調子に乗り過ぎるのはよくありません。

還暦祝いにマウンテンバイクをもらった私は幸せです。60歳でそれをもらうのってあんまりないんちゃうかな。いや、そんなことはないか。

もう一回新たな人生を過ごすことになるのかな。そう考えればある意味人生の岐路です。
人生でも胸突き八丁の時期かもしれません。上り切りましょう。

「よたよたしながらでもいいやん」と、思っています。

生き直しか、よたよたか、なんでもいいですが生きていかなけりゃ、ね。

いつかは晴れるさ

2017年04月19日

チラシがあまっていたんで(というか自分の中で言い訳をして先延ばし)ポスティングに。300のつもりが空腹と時間切れ、弱気で200ちょっとで終わりました。暑さと坂で疲れました。成果があればいいんですがね。

途中、桜の名所、原谷苑近くを通りかかり外からパシャリ。盛りは過ぎたようですが枝垂れは満開でした。入苑料はなんと1500円です。花の具合で変わります。天は1800円だと思います。

%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%EF%BC%91.JPG%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%EF%BC%92.JPG

聞くところによると一春で2億円の入苑料だと昔聞きました。ほんまかいな。飲食物の持ち込みは不可で、予約をすれば5000円くらいの料理が用意されているそうです。

まだ原谷に住んでいたころ、TVや雑誌で紹介されて大騒ぎになり、住民は大迷惑をこうむりました。未だに平日でもタクシー大渋滞が見られます。土日はもっとすごいんでしょうが近づくのを避けていますんで定かではありません。

ほんとに2億円ならすごいな。税金もたいへんでしょうがうらまやしい、じゃないうらやましいな。


沖縄土産、時間差です。

%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%85%E3%81%86.JPG

パイナップル味のハイチュウです。例によってみんなにおすそ分け。ありがとね、Fくん。


毎日ブログでどうでもいいことを綴っていますが、それどころじゃないという状況にもあります。
考えても仕方がないんで走ったり読んだりも続けています。やめることで好転するわけでもありませんからね。

「やまない雨はない」と思って、なんとか平静を保ちつつ明るく過ごすようには心がけています。
早く雨がやんで頭上に青空が広がるようやっていきます。

雨は私の上にだけ降っているわけでもないでしょうしね。