ほんま、ごめん

2019年03月22日

「せんせの言ってはった原谷のもう一つの塾に見学行ってきたんですよ」
「おお、そうか。〇✖先生のとこやな。どうやった」
いろいろ感想を言っていました。実は知らない先生ではありません。あまり書くと差し障りやなんやらがあるのはいやなので何も書きません。

「体験とか見学とか行ったらそこへ行かなあかんのですか」
「いいや、そんなことは絶対にないよ。あちこち見て、いいと思うところへ行きや」。どこがいいとかよくないとかは一切触れませんが冷静に忠告はしました。

「ぼくはずっと『つゆはら』に来たかったです。絶対ないですよね『やっぱり続ける』っていうのは」
「ごめんな。ほんま申し訳ない」。ほんとに悪いなと思います。

「できるならずっと」と思ってはいました。残念ながらならず。

どこかではけりをつけざるを得ません。支持してくれる人が減ればやっていけません。潮時だったのかもしれません。

ここまでの塾人生を生かしつつ、今後の人生でよりよく生きていきましょう。そうなれるようやることをやります。

来週で終わりと思うと寂しいです。40年近くずっとやってきたことが終焉を迎えます。

開花

2019年03月21日

柚月裕子さん。ご存じでしょうか。
「検察の正義は、法だけで裁くのではない、人として裁くことも必要だ」が信念の佐方貞人検事が活躍する司法小説、『検事の本懐』を書かれた作家さんです。初対面です。
法に忠実ですが人としての情も持ち合わせます。愚直なまでの真摯さで被疑者に向かいます。グッときます。おもしろいです。
新刊書店で見かけ、数日悩んで買いました。正解でしたね。756円はおつりがくるほど値打ちがあります。
一日で読み切ってしまいそうなのでブックオフに続きがあるか探しに行きました。ありました。さすがに108円の棚にはありませんでしたが2冊で数百円安く入手できました。楽しみです。(苦労しとんなあ「いや、作家さんには悪いですが節約です、自衛です」まあ、無駄遣いは避けたいよね「はい」)


各地から桜の開花情報が伝えられます。日曜日にご覧いただいた桜が花開いていました。

%E3%81%95%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%8F%EF%BC%91%EF%BC%91.JPG%E3%81%95%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%8F%EF%BC%92%EF%BC%92.JPG

右は種類の違う桜です。どちらも美しいですね。

ツバメを写真に収めることもできました。左は宝ヶ池通りです。番でしたが一羽はそこら中を飛び回っていました。

%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%A4%E3%81%B0.JPG%E3%81%A4%E3%81%8C%E3%81%84.JPG

右は幡枝で見かけました。仲よく寄り添っています。

巣作り、産卵、子育てを見られるかな・・・・・・注意深く見つけ見守れたらいいですね。早めに産んで育ててね、つばちゃんたち。

じいちゃんをちょっと喜ばせてください。


そうそう今日はびっくりしました。夕食前にこれを書いたり本を読んだりしながらテレビを見ていました。
すると京都バスの話題をニュースでやっていました。なんでも「廃止」にすると復活させるのが困難とのことで年に1回だけ運行しているバスの話でした。
「へえ、そんなんあるねんや」と、いつも身近で見ているバス会社だけに注目しました。
「いや、あの人T見先生にそっくりやなあ。あそこまで似てるってすごいなあ」とか思って見ているとインタビューを受けるその人は正しくご本人でした。
「うおおおおお、T見先生やんか」と叫んでいました。

私は有名人の知人です。がはは・・・・・・

複雑ですね

2019年03月20日

4時ころでしたでしょうか、ピンポンが。
「はい」
「Sです」
「こんにちは、おひさしぶりです」
「ごぶさたしてます。せんせ、塾閉めはるって・・・・・・」
「ええ、そうなんですよ。いろいろあって・・・・・・」。RくんとSくん兄弟が来てくれていました。お兄ちゃんは4回生、弟くんは工業高校を卒業して、だれもが知る企業で働いています。このブログにも何回も登場してもらっています。

なんだかんだと30分ばかり話したでしょうか。なんだか名残惜しいです。
「さびしくなりますね」。いやほんとです。
お酒の詰め合わせをいただきました。
「いや、そんな。こっちが差し上げなければいけないくらいなのに・・・・・・」

いろんな方方がいての私だったんでしょう。ありがとうございました、みなさん。

いろいろなことを思います。感謝。寂寥。安堵。不安。期待。
複雑です。


今日の比叡山です。宝ヶ池からの遠景です。サクラは植物園の東海桜です。

%E3%81%B2%E3%81%88%E3%81%84%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%99.JPG%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%84.JPG%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%AA.JPG%E3%81%96%E3%81%9C%E3%82%93.JPG

黄色は花菜の花です。食べられます。なんとザゼンソウも咲いていました。昔どこか雪深い地の神社境内で見た覚えがあります。どこだったかは忘れました。勘違いかもしれません。

ちょっと疲れ気味ですか。やすませてもらいます。

初つばめ

2019年03月19日

小学生の授業中、階段を上がってくる青年。
「ん? だれや」。玄関へ向かう途中思い出しました。
「おお、Rやね。久しぶり。元気やった」
「なんか、閉めはるって聞いたんで・・・・・・」。お兄ちゃんが今、講師をしてくれています。
「うん、そうなんや。いろいろあってな」
「お世話になりました」と菓子折りまで持ってきてくれました。
洛陽工業からなんとORIXという一流企業に就職し、この4月で2年目を迎えます。
立派にやっているものです。忙しいそうです。なによりです。
じいさんはうれしかったぞ。

%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%97.JPG

教え子の成長を見られるのはうれしいものです。


2時ころでしたか、珍しくスマートフォンが鳴ります。表示を見るとこのHPをつくって管理してくれている教え子、ISくんでした。
閉めるのは伝え済みでしたが、北海道へ行くというのは今日初めて明かしました。さすがにびっくりしていました。HPの善後策を頼みました。ひとつ安心できました。
今までのブログはなんらかの形で残せそうです。京都私塾連盟のS会長や役員の方方にお願いして端っこに置いてもらえるようにしましょう。書く方も続けていけそうです。

教え子ISくんが計らってくれそうです。頼るべき、よき教え子がいてくれてよかったです。

みんなが私を超えていきます。うれしいですね。ちっぽけなじいさんを超えて、みんな大きく育ってください。
じいさんも負けずに生きていきますよ。


馬酔木と柊の花を目にしました。

%E3%81%82%E3%81%9B%E3%81%B3%EF%BC%91%EF%BC%91.JPG%E3%81%82%E3%81%B2%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%8E.JPG

馬酔木は長女、二女が生まれたころに、バプテスト病院の庭に咲いていました。
4月生まれなので開花がずいぶん早い気がします。今年の春が早いせいでしょうかね。
柊は葉っぱのとげとげが注目されますが、実は花もかわいいんです。

そう、昨日の出勤時にツバメの番を目視。北山通りでした。まちがいありません。
「こんなに早く来るんだ」と冷静に思いつつ車中で叫びました。
「おお! もう来たんだ」。

春を迎えることができました。来年の春をどこでどうやって感じられましょうか・・・・・・

どんなふうになっているのか、想像はできません。楽しみにして毎日を過ごしましょう。

爛漫

2019年03月18日

公立中期入試の合格発表日でした。
「全員合格。よかった、よかった」といきたかったのですが、人生は思うようになりません。
とある難関校を受けた子が一人、とある高校へ回されました。残念です。とは言っても、そこも難関校に入ります。名門校です。3年後の雪辱をの願います。悔しいです。
「私はそっちの方がいいと思っていたんですよ」というお母さんの言葉ににちょっと救われましたか。いやそんなことはありません。この悔しさは覚えておいて、どこかで晴らしてください。

Dくんとお父さんが授業後、ご挨拶に来てくれました。小6から4年通ってくれました。お姉ちゃんも同様です。
「いや、両方とも第一志望校に合格させていただいて、ありがとうございます」
お酒をいただきました。ありがとうございます。
「こちらこそありがとうございます」

このやり取りもこれが、最後ですね。

40年には足りませんが、ずっとやってきたことに終止符です。
20代後半から60歳を超えて、よくもまあ、よくもなあ・・・・・・やらせていただきました。

我ながらよくやりました。

今後も「よくやる」つゆちゃんでやれるようにがんばります。

オオイヌノフグリが満開です。

%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC.JPG

小さきですが、花びらが秘める色つやは絶品です。

野は春爛漫です。

芽吹き

昔からの仲良し4人組での飲み会でした。初めて会った当時、みんな30歳を超えたくらい。それぞれの塾でNo. 2 だった人たちです。みんな還暦を超え、それぞれの立場、人生を生きています。
2軒目のバーでしんみり、しみじみしつつ楽しく飲みました。地下鉄がなくなりタクシー帰宅はぜいたくでした。反省! まあ、たまのことなので勘弁してもらいましょう。

午前中は長女んちへ。ホワイトデイのお返しは口実で、真穂ちゃんに会いに。もう泣いたり恥ずかしがったりはありません。元気にいろいろいっぱい話してくれたりはしゃいでくれたり。
じじはうれしかったです。見違えるほど成長していました。目から鼻水状態です。

サクラのつぼみがふくらんでいました。

%E3%82%81%E3%81%B6%E3%81%8D.JPG

開花が近いのでしょうか。楽しみです。

京都のサクラを目に刻みつけましょう。

春いっぱい

2019年03月16日

まだ9時前ですがたいそう眠いです。夕べの寝た時間が遅かった割に、早く起きたからでしょうか。
10km ほど走ったのでその疲れもあるのかもしれません。若干背中に痛みもあります。単に年をとっただけかもしれません。

走りつつ目にした春です。あちこちに確実に春が近づいています。

%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%BF%E3%82%8C%E3%82%8C.JPG%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89.JPG

スミレとサクラソウですか。初春の花ですね。タンポポはじめホトケノザやハコベ、オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ、カタバミなどなど、挙げればきりがないほどの野の花がいっぱい咲いていました。
ひとつずつ、目に焼き付けて過ごしましょう。

眠いときを過ごし、けっきょく眼がさえました。

日を跨ぎました。

おやすみなさい。

少しやすむ?

2019年03月15日

昼ご飯でロイヤルホストへ。オムライスをいただきました。おいしかったです。ちょっと高めです。1,100円くらいですか。
精算でレジへ。店員さんはいますが支払いは自分で器械に入れます。スーパーでも最近ふえてきています。
「お車ですか」
「はい」というとQRコード(?)が入ったレシート様の紙をくれました。
駐車場へ行って車室番号を確認しようとしましたが書いてません。
「へえ? どうすんのん」。見ると「4桁の車番を入れろ」とあります。入れました。すると入庫時の私の車が映ります。「違わなければ確認を押せ」と指示が出ます。
次に「さっきの紙をかざせ」と。

%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%85%E3%81%86.JPG

かざしました。変化なし。
「なんでやねん? はあ、助けを呼ばなあかんのかな」とぶつぶつ言いながら、しばし試行錯誤の後、なんとかなりました。
なんか、便利なんかなんなんかようわかりませんわ。私のような年寄りにはついていき難いです。


6時半過ぎ、ゼミの戸が開きます。
「え、ずいぶん早いな、だれ?」。なんとTKくんでした。
「おひさしぶりです」
「おお、おお元気。就職決まった?」
「はい。ほんまお世話になりました。6年間も」
「そやなあ。中1から高3やもんな」。その後7時まで30分近く昔話に花を咲かせました。
いろいろいっぱい出てくる出てくる。懐かしいです。講師としても3年半やってくれました。

手土産までもらいました。

%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%93.JPG

WITTAMER という菓子屋のおいしいチョコレート菓子です。(私は知りません。妻曰くです)
こういう気づかいができる彼に感嘆です。同年代だった、そのころの自分には無理でしょう。そんな大人に育った彼にうれしさを感じます。
社会人としての彼の人生に幸多かれと願います。


中1、Aさんが来ないので電話。不在。
しばらく後、電話。
「Nです。連絡遅くなってすみません。今日は具合が悪いのでやすませてもらいます。それと先生、長い間ありがとうございました。お世話になりました」
「いえ、こちらこそ。こんなことになってすみません」
「それとI(Aのお兄ちゃんです)ですが、今日、発表があって佛教大学の文学部に合格しました」
「おお、すごい。よかったですね。おめでとうございます」。いや、ほんとによかったです。

今日は2つもうれしいことがありました。

反面、塾を閉めるに際してのさびしい会話も同じく2つありました。
そういう場面に遭遇するとやはりいろいろな思いが募ります。

ずっとやってきました。それが4月からはありません。無職です。
人生ここまできて初めてです。ゼミの片づけもありますし致し方なしです。

少しだけゆっくりさせてもらってもいいかな、と思います。ずっと、ず~っと走ってきたかもしれません。
ほんのちょっとだけ歩を緩ませてもらいましょうか。

ちょっとやすませてもらって、そしてまた前を向いて歩き始めます。

生きとし生けるもの

2019年03月14日

昨日までは気づかなかったヒヤシンスの芽を発見。今年も当然のごとく発芽。何年になりましょう。
植えた覚えはありません。謎です。毎年そう言いつつ書きつつ長いおつき合いです。

%E3%81%82%E3%81%B2%E3%82%84%EF%BC%90%EF%BC%90.JPG

コムラサキやらモミジやら、新しいところではイチョウやクヌギ、マツもあります。彼ら彼女らをどうするかが大きな課題です。連れて行けるものならそうしたいのですが現実的にはどうなのでしょう。
室内にもコンシンネやオリヅルラン、ポトスにパキラ、ホヤにアイビーなどいっぱいいっぱいあります。

どなたかが引き取って育ててくださればよいのですが・・・・・・生徒らや連盟の先生方に呼び掛けてみます。できる限り裏庭に移植しようかな。次の人がそれをどうされるかはわかりませんが、私自身で、生きている彼ら彼女らを処分したり捨て置いたりはできません。

できる限りやつらを生かせる方向、方法を考えてみます。

新しい命は大切にしてやらねばね。今、生きてある命も最大限保ってやりたいと思うのは人情でしょう。

ご協力いただける方は、やつらの行く末に力をお貸しください。お願いします。


いろいろなことを思います

2019年03月13日

旧府立資料館の前庭になにやら作品が。前に通ったときに気になっていました。まだ展示してあったので見物。葦のようです。芸術系はとんと疎いのでなんとも感想が・・・・・・でてきません。

%E3%81%8A%E3%81%B6%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%90.JPG%E3%81%8A%E3%81%B6%EF%BC%98%EF%BC%98%EF%BC%98.JPG%E3%81%8A%E3%81%B6%EF%BC%99%EF%BC%99%EF%BC%99.JPG

嵯峨野の竹林のイメージでしょうか。風があらばさらさらと鳴りそうです。今日は風があったけれど鳴ってはいなかったかなあ。


植物園はあまり花なし。クリスマスローズが満開でした。

「この花はなあ、下向いてしか咲けへんしなあ、きれいさがわからんねん」と老夫婦の男性が繰り返します。

%E3%81%8F%E3%82%8A%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%90.JPG%E3%81%8F%E3%82%8A%EF%BC%98%EF%BC%98%EF%BC%98.JPG

おっしゃるとおりです。
同感です。下から撮ったそれらをご覧ください。苦労した割にはたいしたことはありません。

15km 走って50 です。ちょっと疲れました。眠くもあります。

やすませていただきます。

ここのところ連盟会長が毎日ブログを更新されています。
楽しみです。でも無理はなさらぬようにね。