なんとか元気です

2019年01月22日

朝、メールの着信音。まだ寝床の中でした。見ると先日年賀状でお父さんになったのを知ったYSくんからでした。やはりブログを読んでくれたようです。
「関西に帰ったらおじゃましたいと思います」とあります。ぜひお会いしたいですね。彼が帰省するのは盆正月。盆正月はゼミは休みですね。
最近はどこにも行かず京都にいることが多いので連絡くれたら都合を合わせられるかもね。

「Mくん」は大学2回生のMMくんです。佛大に行っています。たぶんあなたの思うとおりでしょう。
ひとつ下のMHくんは滋賀大ですが北大の編入試験を11月に受け合格。4月から北大2年に編入学です。どっちのMくんも知っていますよ、あなたは。

「ブログの限りだとお元気そうでなにより」とあります。
おかげさまで、身体は元気です。景気はあまりよくないので懐は・・・・・・
まあ、なんとかやっていますよ。

あなたは社会人5年目くらいでしたっけ。いろいろとわかり始め、まだそんなにわからず、下も入ってきて、たいへんな時季でしょうか。
私は大きな会社は経験がないのでわかりませんが、まあゆっくりやってください。人生は長いですからね。
大きな会社だとそんな悠長なことは言えないのかな。優秀なYSくんです。それなり以上にきちんとやるでしょう。


中3、明日のテストは英国。2時開始でみんな間に合うかと不安もありましたが全員遅れずに来ました。よかったよかった。過去問をやってもらいましたができもよし。
「お土産」コピー中に私語があまりに大きく聞こえたので教室へもどりました。
「静かにやりましょう。ちゃんとやっている人の迷惑にだけはならないようにしましょう」。あまり言いたくはありませんでした。ひさびさに言いました。悲しかったです。

最終テストは明後日で終わります。本番の私立入試まで3週間弱。公立前期までひと月。公立の中期まで・・・・・・いずれにせよ、そう多くは時間は残されていません。油断せず最後までやりきりましょう。
じいさんも最期(?)までお付き合いします。

まずは明日のいい点。その次は全員の第一志望校の合格を願います。

じじ問題、いや時事問題

2019年01月21日

午前中からPCとにらめっこ。目が疲れます。歳なのでしょうかね。まあ、昔から目はあまり強くはありません、か。

その目に帰宅時の前からの後ろからの眩しい車の前照灯は私にとっては殺人的な明るさです。(あえて「の」の連続です)
光軸があってないんではないんでしょうか。私の目の虹彩が機能していないのでしょうか。(たぶん、そうやで「かなあ?」)
自動車各社、きちんと仕事してますか。開発関係の人たちは自社の車の対向車に乗って確認してください。


明日は社会のテスト。時事問題が出るというので予想。12月~1月の出来事らしいです。(私の抱える問題は「じじ」問題?)

①2018年の漢字「災」
②IWC脱退
③中国、嫦娥4号が月の裏側に着陸
④カルロス・ゴーン前会長関係事件
⑤イギリス議会、EU離脱案否決。メイ首相窮地
⑥箱根駅伝、東海大が初優勝
⑦仲邑菫さん(10歳)、史上最年少囲碁棋士に
⑧レスリング、吉田沙保里さん引退。稀勢の里も引退
⑨梅原猛さん、兼高かおるさん、市原悦子さん、ジョージ・ブッシュ(父)氏、ご逝去

便宜上、番号をふりましたが順不同です。
12月~1月ではありませんが、2025の大阪万博開催決定や仁徳天皇陵への初の立ち入り調査、秋田なまはげなどの「来訪神 仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録も気になるところなので一応生徒らには伝えました。

さて当たりましょうか。問題を作られる先生の興味や感性にもよります。中3のそれは毎回かなり的中させています。中1のそれは、あまりそうでもありません。正直思います。
「え、それって中1がわかるかな? 関心もちますかね?」と。
出題の先生にすれば思うでしょう。
「なんでそれなん? わからんわ」というところでしょうかね。

私が作問するなら暗いそれらは避けたいですね。暗いことがあるのも現実ですがそこは自分の中で昇華させましょう。生徒らに出すならできるだけ明るい話題にしたいです。

世の中明るいばかりではありません。いやなこともあります。それでも生きていればこそといううれしさ、楽しみにも出合えます。

そんなことを楽しみに生かせてもらいます。

「いちご」味

2019年01月20日

昨日同様、中3テスト対策講座。ついでに中1の生徒で再テストがある子も呼びました。来るべき子が一人来ませんでした。困りますねえ。どこかで残ってやってもらいます。逃がしません、よ。
中3は放っておいても黙黙とやっています。さすがです。

%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A4.JPG

息抜きのおやつです。この時季「いちご」味がいろんなお菓子にあります。今日は「カントリーマーム」昨日は「エンゼルパイ」のそれがありました。

テスト初日は火曜日。がんばってほしいですね。


我が家の「ホヤ」です。茎ばっかりひょろひょろと伸びています。育て主に似るのでしょうか。

%E3%81%BB%E3%82%84%E3%81%BB%E3%82%84%EF%BC%91%EF%BC%91.JPG

少なくとも10年以上のお付き合いになりましょうか。今後も長生きしてもらいたいです。せいぜい声をかけ元気を願います。

自分にも声をかけ元気で生きていかなければなりません。


ファイナルテスト

2019年01月19日

こちらでは、よいお天気のセンター試験でした。例年荒れることが多いこの時季ですが、受験生諸君とっては余計な気を遣わなくてすみ、よかったですね。(北のほうでは荒れているところもあるようです。すみません)

%E3%81%9D%E3%82%89%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%92.JPG

明日は朝から雨のようです。受験生のみなさんはそれなりの準備で力を発揮してください。

走りに行きたいくらいの、よいお天気でした。残念ながら中3テスト対策で室内活動でした。

%E3%81%98%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%90%EF%BC%99.JPG

生徒らに聞くと「自習がいい」とのことなので45分で4コマ。ずっと黙黙自習。私は昼寝をしていました。
うそです。過去問選定やその答えづくりでかなり、えっさかほいさか。(はあ?)あっという間に1コマ45分が過ぎました。
自習ばっかりは、さすがに私がしんどいので途中に英語のリスニングを挟みました。みんな7割以上、よくできていました。

明日も今日と同じく対策講座です。中3生にとっては中学最後の定期テストです。彼ら彼女らが有終の美を飾れるよう手伝います。

ホヤ

2019年01月18日

「友がみな、えらく見える」と花を買ったのは石川啄木でした。
「なんか、気を晴らしたい」と葉を買ったのはつゆじいでした。

「ホヤ」という葉っぱです。我が家にも10年ほど前に買ったものがあります。長生きしてくれていますが、この新しい仲間ほど育ってはいません。

%E3%81%BB%E3%82%84%EF%BC%91%EF%BC%91.JPG

このホヤはみごとな葉ぶりです。家のもともども大事にしてやります。

ホヤといえば東北でよく食べられる海の「ホヤ」があります。自称バカ旅作家の椎名誠さんがその自著でそれを絶賛していました。10年くらい前に東北を旅行したとき、青森かどこかの居酒屋で「ホヤ」を目にしました。
「これは食べぬわけにはいくまい」と店員さんに質問。
「食べ方が3種類あるみたいですがどれが一番食べやすいですか」
「これですかね」(詳細は忘れました)。
「お待たせしました」と置かれた鉢の大きさにびっくり。ちっちゃな鉢にちょろっとだけだと思っていましたがどんぶり鉢にたっぷり。
「こ、こ、これは・・・・・・」。珍味でした。まずくはありませんでしたが曲者でした。量が多過ぎました。がんばりましたが、全部は食べきれなかったような・・・・・・気がします。
残念ながら絶賛はできません。
初めて食べられる方は多人数で挑むか、少量かを確かめたうえでどうぞ。
珍味といえば「タコまんま」も同様、お気をつけください。なかなかの代物です。

食べ物の好みは十人十色、みんなそれぞれです。

食べ物に限らず、他人の評価にとらわれることなく挑戦してみる気概をもち続けましょう。

菅原院天満宮

2019年01月17日

「そうだ、お守りを買いに行こう」。菅原院天満宮へ向かいました。
コインパーキングがどこも「満」。思い当たりました。近くに護王神社があります。亥年の今年、12年に一度の書き入れ時ですね、たぶん。
ぐるぐる回ってやっと停められました。いやはや、こういうこともあります。
神社に着いて社務所でお守りを。こちらも例年になく人がいてちょっぴり面喰いました。

%E3%81%99%E3%81%8C%EF%BC%91%EF%BC%91.JPG%E3%81%99%E3%81%8C%EF%BC%92%EF%BC%92.JPG

例年、私と同年配の男性か女性がいるのですが今日は若い男性が。
「代替わりしはったんかなあ? 後継いでくれる人がいてよかったねえ、あなたも継げる社があってよかったねえ。父さん母さん大事にしてあげてね」と思いました。
道真公が産湯を使ったという伝説の、由緒ある神社です。ぜひ一度お訪ねください。小さいので規模には期待しないでください。こじんまりです。烏丸丸太町という真ん中なので致し方なし。社殿には伝統を感じられましょうか。

お守りも小さめ。その分、北野の天神さんのそれよりは節約できます。
これで合否は決まりませんが、そこはそれ、毎年のことで気持ちの問題です。
出費は痛いですがやむなしでしょう。これで合否が決まりませんが、いつのころからかやっています。それをやめるのには勇気がいります。

ご利益の有無はおいておきましょう。毎年やることをやらないとどこかに不安を感じます。
ということで今年もお守りを。

おやすみなさい。

『明日の子供たち』有川浩さん

2019年01月16日

パピルスさんの教材展示会でした。いつもは午前中に行きますが今日は昼過ぎに。空いていました。新しいものはあまり出ていないのでO専務に義理立てで行きました。ほとんど都麦のK口さんと雑談していました。
時の流れを思います。昔は売る側にも関わっていたこともあるのでそちらにも知り合いが多くいました。ところが去年くらいからほとんどいなくなりました。年を重ねてえらくなって現場に出なくなったり定年退職されたりという事情もあるのでしょう。寂しいですね。
お土産に今治タオルをいただきました。ありがとうございます。

%E3%81%9F%E3%81%8A%E3%82%8B99.JPG

肌触りがなめらかです。


『明日の子供たち』有川浩さん。よかったです。終盤、かなちゃんが児童養護施設のことを聴衆の前でプレゼンテーションをおこなう場面は目から鼻水、鼻から涙がとまりません。
あまり書くとこれから読まれる方にご迷惑がかかります。これくらいにしておきますが、いい話でした。いっぱい読んだ中でかなり上位に入るかもしれません。

「次に何を読もう」。手持ちはあるにはありましたがつい新刊書店へ。あることで1年位前にいただいた商品券が残っていました。それを使えば実質の出費は抑えられます。
やはり新刊書店はいいですね。いや困ったもんです。ほしい本がいっぱいあります。
奥田英朗さんと誉田さんの新刊を買いました。前者は久しぶりです。後者は多作ですね。
「よくもこれだけいろいろ書けるな」というくらい新刊が出ています。
どちらからいきましょう。楽しみです。

中3のファイナルテスト前、月一の紙仕事時期と重なり明日からちょっと、ちょっとですかね。
やることをやらせてもらいます。


うれしきこと限りなし

2019年01月15日

ゼミへ着いて郵便受けの新聞を取ります。
「ん? まだ年賀状来るか」と見ると赤ちゃんを抱いた青年の写真が。
「ん? これはYSくん。え、姪御さん?」文面を読むとなんとご本人の第一子、女の子です。
ひや~。なんか我がことのようにうれしかったですね。

4年くらい講師をしてくれたでしょうか。優秀な人材でした。苦学生というか、生活費などを自分で稼ぎたいという事情がありましたが、ほんとによくやってくれました。

今、講師をしてくれているMくん、確かYSくんに教えてもらっていたはず。今日来たので見せました。
「覚えてる。Yくん」
「あ、あれえ。なんか感慨深いなあ。そうなんですか、こんなんなってんねや」。

うれしさを伝えようとメールをしましたが残念、アドレスが変わっていました。
年賀状の住所に手紙でも送りましょうか。

ブログを読んでいてくれているかもしれません。(以前はそうでした)メール通りの文章をここで伝えましょう。
「年賀状を見てびっくりしました。ご結婚、第一子誕生おめでとうございます。お父さんなんですね。いやいや、何ともうれしい気持ちです」

ほんとにうれしい出来事でした。

「大阪マラソン完走後15㎏ 太ってしまった」との文言が年賀状にありました。いくらなんでもそれはふえすぎでしょう。
「やよ、はげめよ」。がんばってやせなはれ、よ。

私はフルはやめます。月100 もちょっとしんどいですので年1000 くらいを目標に走り続けようと思っています。
Yくんはまだ20代ですから、少なくともサブ4は目指してほしいですね。

都合が合えばお会いしたいものです。

子育てはたいへんでしょうが、たいせつにしてあげてください。お子さんも奥さんも、ね。


うれしい気持ちを胸に、やすませてもらいます。

読売新聞オンライン

2019年01月14日

読売新聞の購読料が上がります。4,037円が4,400円でしたか。2月1日からです。
その代わり、定期購読者は追加料金なしでデジタルサービスが利用できるようになるそうです。「よみぽランド」というサイトでは利用状況により「よみぽ」というポイントがたまってどうのこうのとあります。つゆじいは利用しましょうか? できましょうか?
読者限定小説も読めるみたいです。今野敏さんの『任侠シリーズ』最新刊が読めるのは興味を惹きます。ただつゆじいがスマホのその画面を見つめて活字を追うといういう姿は想像しにくいですね。
使えそうならば使ってみたいものです。

値上がりしたとはいえ、与えられる情報には購読料以上の価値があると思います。忙しくてなかなか隅々まで読み切れないことを残念に思うこともありますが、十分な値打ちを感じています。
テレビニュースやインターネットからの情報でも十分かとも思いますが、読み返せたりピリピリ破って置いとけたりするのがいいですね。(「ネットニュースやったらマウスひとつでコピー一瞬でできるで」の声が聞こえてきますね)

今日は「67歳 ファミレス先生」というガストで働く高齢女性の特集記事に目がいきました。
すごいですね。私も高齢で働くことにはなんら抵抗はありません。というか「働かざる者食うべからず」というのが正直なところでしょうか。
記事を見ても「生きがい」「自分も楽しいし喜んでもらえるとうれしい」と前向きな意見が。
反面、「生活のため」「自分はやれるつもりでも雇ってくれるところがなくなった」という切実な声も載っています。
労働者人口が足りなくなると言われています。外国人労働者を受け入れる、入れないという話も耳にします。外国人より働く意欲がある日本人、高齢者が先だと思うんですが、違いましょうか。

同様、読売新聞に65歳の著名人、阿川さん、研ナオコさん、ルー大柴さんや中畑清さんなどのコメントも掲載されていますが、彼らは恵まれた方方、生きるに困らない人たちなので庶民つゆはらくんにはあまり参考にはなりません。

さらに夕刊(土曜日)にSUNTORYのセサミン、DHA&EPA、グルコサミンのとじ込み広告が。
57歳の女優藤吉久美子さんから86歳の三浦雄一郎さんまでのコメントがあります。

「サプリメントは使ったことはありません」というとうそかな。一時期やむを得ず無理をして飲みました。あまり効用を感じられずやめました。けっこう高額です。庶民つゆはらくんには分不相応でした。

何かを服用して体調を保つのは主義に合わないかもしれません。
ふつうに食べて飲んで、それでなんかあったらそれを受け入れて生きて、いきます。

女子駅伝

2019年01月13日

女子駅伝、京都は2位でした。
残念ともいえますがよくやったともいえますか。みなさんお疲れさまでした。

じいさんは走りながら応援しました。往路の鞍馬口で声をかけ、その後どこへ行けばいいのか、迷って迷って丸太町へ。その後、丸太町を西へ走って円町へ。
「俺の鈍足で間に合うかな?」と思いつつけっこうな速さで走りました。しんどかった。
円町で「京都」のウインドブレーカーを着たご婦人方がいたので尋ねました。
「京都もう通過しました?」
「いえ、まだですよ」
「ありがとうございます」。ランナーが来るまでけっこう余裕がありました。

京都と愛知のアンカーが大接戦。1km ほど並走して(うそです。せいぜい100m くらいです)声をからしました。

続々と他のランナーがやってきます。かっこいいですね。都大路をさっそうと走る選手たち。

「じいさん駅伝」なるものがあったらつゆはらくんも出てみたい。都大路を走りたい、な。

3か所で声援が送れてよかったです。
帰りがしんどかったですが、24km 走れてよかったです。
ひさびさの長距離です。脚が痛いです。

帰りきて、ロウバイを見つけました。

%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%91.JPG%E8%80%81%EF%BC%92.JPG

色の少ない時季に咲いてくれます。地味ですがありがたい存在です。

間もなく梅も咲き始めましょうか。
まだまだ寒い日は続きますが日一日、春が近づいていましょうか。