実りの秋かな

2022年09月25日

きょうも漣くん散歩で始まりました。帰ってゆっくりたっぷり朝ごはん。
少し休んで走りました。
「10は行こうかな」。なんとか行けました。風が強くて走りにくかったですね。

途中見つけた木の実です。
左はぎんなんです。こちらのそれはにおいがあまりしません。京都のそれはくっさいくっさいにおいを放っていました。はっきり言うと「うんこ臭」です。強烈でしたね。
粒もこっちは小さいです。食べてみました。(去年)味は変わりませんね。
向こうでは鉢に埋めておくと簡単に芽が出て育ちました。こちらでもやってみましたがまったく芽が出ません。(2年連続)なにかが違うのでしょうかね。また挑んでみます。

%E3%81%8E%E3%82%93%E3%81%AA%E3%82%93%EF%BC%91%EF%BC%92.jpg%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%BF%EF%BC%91%EF%BC%92.jpg

右は栃の実です。栗ほどの大きさですね。なかなかにでかいです。あく抜きをしてすりつぶして栃餅に加工してみたい気もします。実際には難しいかな。

漣くん散歩時にも松の実やクルミが落ちていましたがほとんどはリスに食われていましたね。漣がいなければ少しはもう少し落ち着いて観察ができたんでしょうが漣連れでは無理でした。

なかなかゆっくりする時間はつくれません。月に一回くらい平日に休めるようにしてもらおっかな・・・とも。

軽い本ですが2冊読めました。たった一日の休みでしたがけっこういろいろできました。
またあすから1週間、励みます。

もうちょっと忙しいほうがええな

2022年09月24日

ここのところ暇です。
「ええやん。楽やし」という向きもあるかもしれませんが私は苦手です。やるべきことがあれば何でもやらせてもらいます。できることなら何でもします。
忙しくて昼が4時、5時はちょっと困りますが時間を持て余すのはつらいですね。
ま、そのうち忙しくもなりますか、どうでしょう。いずれにせよやるべきをやらせてもらいましょう。

きょうも時間があったんで運転席回りと荷室を掃除。私の乗っているトラックはきれいです。運転席は特にそうです。汚いのは嫌です。荷室も商品、食べ物を運ぶのでできれば清潔に保ちたいです。時間があれば常にそうなるように心がけます。もっともこれから寒くなると外の水道は使えません。そこへいくまでできるだけきれいを保ってやりましょう。

トラックに乗り始めて10日後くらいに言われました。
「中札内のENEOSへ行ってトラック洗ってきてくれる」と言われました。右も左も上も下もなんもわからんときの指令です。
「なんで中札なん? どうやって洗うねんや? おっきい洗車機があんのんか?」と疑問符だらけで向かいました。「ケルヒャー」みたいなやつで手動洗車でした。
なにもわからぬままでしたが任務完了でもどりました。基本的に不親切だなということを実感した出来事でした。そんなこともありました。
「俺ならもう少しきちんと伝えるかな」と思います。そう思ってもなかなかきちんと聞かはらへんかな。「俺は何でも知っている」派が多いです。しんどいやろな。「なんも知りまへんねん」と思うほうがずいぶん楽でしょう。
そんなこんなで2年近くがたちます。少しは慣れたかな。そうでもないか。やれることをしっかりやらせてもらいます。

松は育っていませんが柏は成長。

%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%8F%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%93%EF%BC%94.jpg

どこまで育つか楽しみです。見届けたいです。とはいっても冷静に思えば向こうのほうが長生きかな。娘らかだれかに遺志を伝えておくべきですね。
まあ、まだ数年はなんとかなるかな・・・・・・・こればっかりはわかりませんね。

柏に負けずにたくましく生きていきたいですね。

いたわり、ねぎらう

2022年09月23日

昨秋にまいた松の種。順調に芽は出しますが育ちませんね。全部で10以上芽生えましたが次々としおれ、枯れていきます。悲しいな。かわいそうだな。

%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%8C.jpg

確かに芽生えたものがすべて育てばそこらじゅう松の木だらけになってしまいます。自然界で元気に育って大きく伸びるのはたいへんなんでしょう。
なんでもかんでもそう簡単に思った通りはいかないのが人生です。あ、この場合は松だし「松生」かな。また松の実を見つけたら持ち帰り挑戦してみます。
今ひとつ元気なのがあります。育ってくれればいいですね。

そう考えると順調に育っている柏は貴重です。大事にしてやります。

最近しみじみ年を感じる、疲れ気味のつゆじいも大事にしてやらなければいけません。
己を労わりつつ労いつつ毎日を過ごしていきます。
(「いたわる」も「ねぎらう」も漢字で書くと「労」なんだ。今初めて気づきました。まあ、似たような意味だしな)

濃密

2022年09月22日

信号待ちです。前に止まった幼稚園バスの後ろ姿です。

%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%BE.jpg

「ののさま」とあります。仏教系の幼稚園なんでしょう。
私に通った月影幼稚園(伊丹市)もそうでした。寺の境内にあった記憶があります。
♪ののさまは くちではなんにもいわないが ぼくのしたことしっている♬という歌詞を覚えています。
バスで通っていましたね。なすあけみちゃんという子がいました。つとむくんはいつもその子の隣に座っていました。ほかの子が座ると言いました。
「どけ。そこはぼくがすわるねん」と。
たなかゆうこ先生が「たけ」組の担任でした。60年くらい前の話です。遠い昔です。

長い人生です。いろいろなことがありました。今後もいろいろあるのかな。どうなるんでしょうね。だれにもわかりません。

今朝は5℃でしたね。道北内陸部では0.2℃だったところも。これからは少しずつ寒くなっていきます。3回目の冬かな。よおわからんよおになってきました。短いけど「濃い」月日を過ごしているからかな。ずいぶんな年月を生きたような気がします。
濃密=充実と考えてやっていきましょう。
なんか似たようなことばっかり書いてんなあ・・・・・・

密度濃いな

2022年09月21日

涼しくなりました。寒いくらい。毎日持っていく紅茶をきょうからホットにしました。あったかさが胃の腑にしみますね。おいしいです。ちょっとした息抜き、楽しみです。

涼しくなると出てくるおやつです。チョコレート。

%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%93%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%A4.jpg

涼しい十勝でも真夏の運転席は高温になります。チョコは不適。秋になると登場します。
ちょっとした虫養い(京都弁)におやつを持参します。昼ご飯が食べるべき時間に食べられないときもあります。そんなとき軽いおやつがあるとうれしいんですよね。
秋冬はチョコ系にお世話になるでしょう。

秋の畑ではタマネギやジャガイモの収穫が終わりました。青々としているのはビートかな。
写真は長芋です。

%E3%81%84%E3%82%82%E8%94%93%E3%81%AE%E6%B3%A2.jpg

蔓が支柱やネットに巻き付き波打つように育っています。初めて見たときはなにがなんだかわかりませんでした。実際に畑で植えてネットを張って収穫もし、選果場で出荷をして、長芋の一生にかかわらせてもらってわかりました。
畑では実にいろいろ体験できました。おもしろかったですね。

こっちに来て4年目。まったく知らなかった世界を味合わせてもらっています。
しんどいけれど仕事をしてお金をいただきながらの体験です。なんかありがたいですね。それなりしんどいのはしんどいんですがね。むはは・・・・・・今後も体が続く限りやらせてもらいます。いや、生きるにはやらざるを得ないんですよね。がんばりますわ。

人にやさしく、地球にも

2022年09月20日

十勝工場でひさびさにS村さんに会いました。
「走ってる?」
「ちょっとだけ。もう終わったし」
「終わったんだ。完走した?」
「なんとかゴールだけはね」
「すごいねえ」
「いや、もう遅い遅い」
「いや走り切るだけですごいよ。人間のやることちがうよ」
「ほんと、そのとおり」とかなんとか。
ちゃんと他人のどうでもいいことを覚えていて声をかけられるって優しいなと感じます。私もそうありたいと思います。

ということで(どういうことで?)先日の写真を入れるスタンドを買いました。

%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89.jpg

ふつうのだと700円~900円くらい。同じ建物内にある100円均一店を見たらありました。当然ながら110円です。なんともありがたいものが広まりました。

朝方は激しい雨。私が目覚めるほどでした。
午前中の早い時間に雨はやみましたが強風でした。その風に雲が飛ばされたのか昼前には青い空が顔を出し始めました。

%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%9E%E3%82%89%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%99.jpg

「空の青ってホントきれいな色やな」としみじみ見入りました。あって当たり前と思わず、美しい空や海、山や川を大切にしたいですね。
私の余生はそう長くはないかもしれません。(そんなこと言ってるやつに限って長生きすんねんで「そんなに長生きは望んでいません」)娘らや孫たちの世代にもこの美しい地球が生き続けてもらわなければいけません。一人ひとりが地球の未来が今と同じようにいられるようにほんの少し気を配って生きてもらえたらなあと・・・・・・私もそう心がけます。

敬老の日

2022年09月19日

『65歳以上 最多3627万人』。総人口に占める割合は29.1%で過去最高だそうです。3人に1人が65歳以上です。いつの間にか私もその一員になりました。
『65~69歳 就業率 初の5割超』。同世代のそれは10年連続で上昇、65歳以上全体の就業率は25.1%だそうです。いずれも私は該当しています。
「年をとっても元気で働いている人が多いねんなあ。みんながんばってるなあ」ととらえましょうか。
「年をとっても働かな、生活がしんどいんかなあ。みんなたいへんやなあ」ととらえましょうか。
動けるうち、仕事に精をだすのは吝かではありません。機会を与えていただけるなら働かせてもらいます。それができなくなったときにどうしたらいいのかなという不安は拭えませんね。

なんとも年を重ねたものです。ここまで長く生きさせてもらうとは思いませんでした。半世紀を超えたんですよね。自分でも信じがたいですね。
「ここまできたら4分の3世紀、1世紀生きたろかいな」とは考え、ません。

両親ともに早くに亡くなりました。2人が知らぬ年齢を生かせてもらっています。ありがたいことなのかな。どうだろ。

慢性的な疲労感はありますが、それは年齢的にはやむを得ないでしょう。
幸い持病はありません。病院に通うでもなく薬も飲んでいません。この年にしては感謝していい状況でしょう。ずっとこのまま死ぬまでいきましょう。そう願いたいです。

どんな人生が待っているんでしょうかね。穏やかに健やかに過ごしたいものです。

すぐやらなきゃね

2022年09月18日

来たる2月には3年ぶりに「さっぽろ雪まつり」が行われるようです。私は見たことがありません。
「はい、雪まつり行きたいです」と妻に提案。
「・・・」。行くとしても一人で行くことになりそうです。
「元気があれば朝一のJRで行って夕方のそれで帰ってきてもいいかな」とも。近づいてから決めます。

その前に馬に乗りに行く段取りをつけなければいけません。上士幌で乗れそうなことは調べました。Y田さんに聞いてみると新得でも乗れるそうです。遅くとも10月前半までに予定を立てなければいけませんね。

「今冬にはひさびさスキーをしてみてもいいかな」とも考えています。いろいろ忙しいな。どこまでできるかな。まあ、無理のない範囲でやってみましょう。

この年になると「また今度」なんて悠長なことを言ってるわけにもいきません。できることやりたいことはすぐやらにゃいけません。

漣くん散歩に行ってゆっくり朝食をとって10km 走りました。
途中見かけたのはホップでしょうか。

%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%9F.jpg

2年前の畑時代に自生しているそれを見かけました。(3年前だったかも)自生といっても野生のそれがあるかどうかはわかりません。なにかの拍子にどこからか運ばれてきた種が芽生えたのかもしれません。ホップのルーツを考えるとおもしろいです。

つゆじいのこれまでだってたどってみれば興味深いです(え、興味ない? そうですね)。
66歳を間近に控え、十勝でトラックに乗って生きているとは自分自身が一番なにより不思議に感じます。まあ、どなたも何かしらそんなこんなを抱えて日々をすごしているのでしょうか、ね。

「最強クラス」の台風が猛威を振るいそうです。どうぞどなたにもどこにも大きな被害がでないことを願っております。

CCジンジャー

2022年09月17日

「最高気温でも20℃に及ばなかったのでは」と思える日でした。冷蔵工場内でもずっと半袖、タンクトップだったY田さんも上着を羽織りました、きょうは。まだ冷たい紅茶を持参していますがホットになるのも時間の問題でしょう。

玄関前の花が元気です。

%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%AA%EF%BC%90%EF%BC%98.jpg%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%AA%EF%BC%90%EF%BC%99.jpg

ランタナの微妙な色合いが美しいです。実際は直径3cm くらいしかありません。近寄ってよく見ると存在感があります。私のスマホの「待ち受け」は京都で撮ったランタナの写真です。
咲いていた場所も覚えています。大きな茂みのようになって咲き誇っていました。今でも元気でいるでしょうね。南区吉祥院です。また行きましょう。

TVで「京都」をやっていると食い入るように見ている自分がいます。いい町です。
また行きましょう。

CCジンジャーをつくってみました。『BAR 追分』にでてきました。
「うまそうだな」と思いさっそく実行。
「影響されやすいねあなたは」と妻。そのとおりです。
かなり濃い目の味わいですがおいしいですね。

CC.jpg

「CC」は「Canadiann Club」の略です。文字通りカナダのウイスキーです。
氷を入れたグラスにCCを注ぎジンジャーエールで割りレモンを絞りました。本ではライムでしたが立ち寄ったスーパーにはレモンしか置いていませんでした。まあそんなに差はないでしょう。
ジンジャーエールは個人的にはなじみのない飲み物です。長い人生でそんなに飲んだことはありません。こんな味だったんですね。

閑話休題。『BAR 追分』、いい話です。以前に読みました。続編『オムライス日和』を見つけました。それを読む前にもう一回読もうかと。2回目でも心動かされます。ええ話が載っています。続編も楽しみです。

あすはやすみです。雨がなければ朝一漣くんです。その後は決めていません。
ゆっくりしましょう。

動物好きです

2022年09月16日

起きると2階寝室のカーテンのすき間からバードテーブルを見下ろします。

%E3%81%86%E3%81%88%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%9A%E3%82%81.jpg

日によりますが野鳥たちがエサをついばむ姿が拝めます。
今朝はスズメが2羽いました。
「上から俺が見てんで。気づいてへんやろ。気いつけや」とかなんとか思います。
かわいい姿になごみます。

帰宅後走っていると「うっしー」に遭遇。手を振りつつ舌を鳴らして近づきました。
歯をむき出してうなりました。
「おお、そうか、だめか。すみません。よけいなことをしました(飼い主さんに)」
「いや、こちらこそすみません。だめなんですよ」。残念ながらお近づきになれませんでした。トラックから眺めて満足します。そうそう思うようにはなりません。それが人生です。(そんな人生おくってきたんか「いや、そんなこともないですが・・・・・・」まあ、いろいろあるわな)

トラックからはいろいろな犬たちを見かけます。でっかい白いグレートピレニーズやまだ子犬っぽさが残るゴールデン、しっぽをくりんとまいてちょこちょこ散歩する柴犬、おじいさんとおばあさん(たぶん)が連れ歩く4頭の豆しばたちなどなどいろいろいます。危なくない範囲でわき見をしちゃいます。気をつけます。

他人の犬や猫をかわいがっているのが責任も少なく気楽でいいですね。
「猫を飼いたいな」という気持ちはあるんですが、現実的ではないかな。

あさって雨でなきゃ漣くん散歩です。楽しみです。向こうはそうでもないだろうけどね。あはは・・・・・・