サンシャインマスカット

2021年09月18日

札幌マラソンがGPSトレーニングアプリ「TATTA(タッタ)」を使ったオンラインマラソンで開催されるとの記事が讀賣新聞にあります。
10月15日~31日の開催期間内にどれくらい走れるか、各自の目標をもって挑戦するという趣旨のようです。

これなら42.195km を一気に走るしんどさはないし、今の私でも挑戦しようと思えばできますね。現状では2週間あっても42km にも及ばないと思いますが、やってみてもいいですかね。少しは走るかもしれません。

参加費も1500円+システム使用料220円と安いです。定員が2000人で先着順というのが難関かな。
申し込み受け付けは9月22日~10月11日にランネットからと記載があります。あっという間にというかアクセスできぬままに定員を満たすと思います。ま、挑戦してみましょう。

62歳までは月100km を維持していました。今は無理です。その因は加齢でしょうか。仕事が変わって時間がとれなくなったことでしょうか。トラックで走っていて毎朝毎夕とはいきませんが同じ人が走っているのを見かけます。思わず車中から敬礼を送っています。
「俺もやれるかなあ」と思いはします。前職時代は時間が自由でした。午前中にゆっくり時間をとって走れました。今走ろうと思うと早朝か夕方以降ということになります。暗い中走るのは苦手ですし嫌いです。となると走れるのは休みの日のみです。祝祭日、土曜日は休みなし。日曜のみだとしんどいです。むりせずやっていきます。

ブドウをおばが送ってくれました。

%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88.jpg

瀬戸内はおてんとうさまのおかげか果物はおいしいですね。
シイタケや黒豆、ナスやスダチまで入っていました。まるで昔の母親が息子に送る荷物のようですね。
ありがとうございます。食べるのが楽しみです。

Whatever Will be, Will Be

2021年09月17日

日の入りが早くなりました。
帰路はボルちゃん前照灯をつけて走るようになりました。
間もなく秋分の日です。
北国の秋は短いです。
あれよという間に寒くなります。
色づき始めた街路樹もあります。
紅葉、黄葉はこちらでも見事です。(桜はだめですね)
そういえば大雪山系では木木が色づき始めたというニュースをやっていました。
だんだん色が下界へやってきます。
十勝の短い秋3回目を楽しみます。

連休前のため動きが私の苦手な変則的なものになりました。
明日と月曜日もちょっと読めないので不安です。
まあ大概のことには対応できるようになりました。
なんとかなるでしょう。

トラックに乗って9か月。
何もわからぬままにやっていたころと違い少し勝手がわかってきました。
わかったからこそのしんどさもあります。
まあ、得意の出たとこ勝負で適当に対応します。

「なあなあ、お母ちゃん今日の晩ごはんなに?」

2021年09月16日

ちゃんちゃん焼きです。砂糖を入れたか若干の甘みそ味がぴったり。野菜がうまい。昨日の残りの焼き豆腐も合いました。
妻は料理が上手です。

%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%82%84%E3%81%8D.jpg

「今日の夕飯はなにかな?」と夕方になると子どもみたいにトラックん中で思います。
「洋」も「和」も「中華」もみんなおいしいです。
昼は(3時くらいですが)妻手づくりのおにぎりです。
いつもおいしく食べています。ありがとうです。

急激な気温低下で驚きました。前の秋、失敗しました。霜で枯らしてしまいました。

%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%86%E3%81%91%E3%81%96%E3%82%89.jpg

この秋は気をつけます。サンパラソルとランタナを冬越しさせたいなと気負っています。
室内で冬越しをさせるのに必要な水受け皿を100円均一で買えました。
十勝での上記2種の越冬に挑みます。うまくいくように最善を尽くしましょう。

些細なことですが彼らの「生」をつなぎたいですね。

そのままでいきます

2021年09月15日

昨日の朝の冷え込みでアサガオが一気に萎れてしまいました。あんなにきれいな花を咲かせてくれていたのに悲しいです。

%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8B%E3%82%8C.jpg

「やっぱり夏の花なんだなあ。復活はないのかな」。もう少し様子をみます。

同じく夏の花なんですがヒマワリは元気です。早くに咲いたそれらは種が大きくなって重いのでしょう。すっかり頭(こうべ)を垂れています。

%E3%81%B2%E3%81%BE%EF%BC%91.jpg%E3%81%B2%E3%81%BE%EF%BC%93.jpg%E3%81%B2%E3%81%BE%EF%BC%94.jpg%E3%81%B2%E3%81%BE%EF%BC%95.jpg%E3%81%B2%E3%81%BE%EF%BC%97.jpg>

さまざまな色合いの花が咲いています。実に多彩です。造化の妙です。しっかりじっくり見つめれば見つめるほど美しさを感じられます。あんまり見つめている時間はありませんがね。

うちにはいろいろな草花があります。それらすべてに毎日目を向けています。微妙な変化や成長に気づく楽しみがあります。

千両に元気がありません。それがちょっと気になります。いいこともあればそうじゃないことも。
まあ、思い通りにならないことが多いのも人生です。できれば思い通りの方がいいけど、そうじゃない方がきてもそれを楽しみます。

些細なことをつい気にするつゆじいです。もっとおおらかにいきましょう。
「考え過ぎんのがあかんのやな。もっと軽くいこ」と思いつつそうできない自分がいます。それが私なんですね。
そのままいきます。変えられそうにはありません。

日記? 備忘録?にします

2021年09月14日

「さぶ!」。思わず声が出ました。音更町(広いです)の駒場(数km 北でしょうか)では道内最低気温の0.2℃を記録したようです。まだ9月中旬なんですがね。京都時代の知人友人がもしこれをお読みになると驚かれるかな。

%E3%81%95%E3%81%B6%EF%BC%91%EF%BC%91.jpg

ボルちゃんの車温計はご覧のとおりです。日中は20℃くらいまで気温は上がり、快適でした。
快晴、十勝晴れ。秋空が広がります。雲も秋らしいでしょうか。朝の空です。
すばらしい空の青と雲の白だと思いませんか。

%E3%81%82%E3%81%8D%E3%81%9E%E3%82%89%EF%BC%90%EF%BC%99.jpg

次は夕方の空です。ちょっと夕焼けがかった空ですね。十勝の空は広いです。どこまでも続きます。

%E3%81%82%E3%81%8D%E3%81%9E%E3%82%89%EF%BC%90%EF%BC%98.jpg

うつくしい空の下を走るのは爽快です。車窓からは気持ちのいい秋の風が舞い込みます。

文頭の「さぶ」についてもう少し書こうと思っていましたが次回にゆずります。どなたもなんの期待もしていらっしゃらないと思います。かまわず書いてみましょう。

他者を意識せず続けていきます。世間に読んでいただいていい日記? 備忘録? と思ってしつこくやっていきます。

読んでくださっている方がいたら感謝します。
「ありがとうございます」


本音は関西弁?

2021年09月13日

「今日はひまかもな」。朝の集荷リストを見て思いました。
まったく違いました。表にはでない実際があります。
ひまはどこかへいってしまい、おにぎりを頬ばったのは16時、しかも15分で。ご飯はゆっくり食べたいのですがかなわず。
終わったのは19時だあ。と言っても工場内でみんなまだまだ仕事を続けています。よくやります。すごいです。
「いつも何時までやってるんですか」
「終わるまでですよ」
「ええ、そうなんですか」。いやはやすごい職場です。

運んだ商品を置く場所がないくらいものがあふれています。
中で荷物を整理する人はたいへんです。収容可能量より入ってくる量の方が多いんですから当然です。かなり苛ついていましたね。まあ、さもありなん。その苛立ちを他人には向けない方がいいですね。自分だけが、自分だけで仕事をしているわけではありません。

私も苛ち(いらち=せっかち、短気)です。それを他者へ向けないように注意しています。
トラック運転中は誰もいないのでついつい悪態をつくことは正直ありますよ、関西弁でね。
「ちょお待ってえやそれはないやろ」
「早よ行きいや、後ろつまってんで。青やのになんでじっとしてんの」とかいっぱいいろいろ言うてますわ。

関西とは違うしきたりというかなんというかそれなりの地元ルールがあるんでしょう。なじんできましたがなじみ切れない方が多いです、正直なところ。

とにかく無事故無違反は最低限守るべきところです。心がけます。

明日はどんな日になりましょうか。楽しみにします。

100回

2021年09月12日

「パンパカパ~ン、パ、パ、パ、パンパカパパ~ン。100献血達成おめでとう」。苦節ん十年。いや別に苦節ではありません。ようやく到達しました。よくやったと思います。

100%E5%9B%9E.jpg%E3%81%9B%E3%82%93%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%82%93.jpg

いっぱいいただきました。折り紙とレッドブル、ラップが今回特別のようです。ありがとうございます。

散髪にも行けました。男前に仕上がりました。(はあ?)

量り売りの焼酎も買えました。ウイスキーの空きペットボトル持参で入れてもらいます。
プラごみ減量運動を主宰しているつゆじいにはふさわしい販売方法です。(そんな運動あんのん?「いえ、ありません。ただ独り実践しているだけです」はいはい)
今の仕事を始めてからは毎日お湯とほうじ茶緑茶をマイボトルに入れて持参です。ペットボトル飲料はほとんど買っていませんね。買い物にはマイバッグを持って行きます。レジ袋は無料のころからもらわないじいさんです。箸、スプーン、フォークやストローももらわないです。
「独りでやってもしゃあないやん」という声も聞こえますが。独りから、独りでも始めなければ何も始まりません。地道にコツコツやっていきます。

いろいろできましたができなかったこともあります。また次の休みにやります。

十勝野菜王国?

2021年09月11日

トラックから黄(茶)に色づいた畑が見えます。
「豆だな。小豆かな大豆かな?」。時間的に余裕があったので車を止めて写真を撮りました。農道のような通りなのでしばらくなら他の車の迷惑にもなりません。

%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%81%91.jpg%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%BF.jpg

鞘の様子からすると小豆でしょうか。もうしばらく置くともっと茎が枯れ、葉を落とします。
そうなると専用のコンバインで収穫されます。鞘がなくなった豆が袋を取り付けた大きな網状のコンテナに貯められます。
畑の草取りやコンテナへの袋取り付けなど少しかかわったことがあります。畑時代が懐かしいですね。もう少しで畑を離れて1年になります。

十勝は野菜王国です。小豆や大豆も国内屈指の生産地でもあるようです。
気候風土があっているのでしょう。我が家の菜園でも豆類が豊作でした。
来年も作ってみましょうか。いろいろと考えるのが楽しみです。

のらぼう、かぼちゃにピーマン、空芯菜や二十日ダイコン、大葉にキクナ・・・・・いっぱい作りましたね。新しいのに挑んでみましょう。

今のキクナと二十日ダイコンにもしっかり育ってもらいましょう。

気になるパンジーが売られています。明日の休みで買うか買うまいか悩んで決めます。
明日はやることやりたいこといろいろです。

珍しく

2021年09月10日

珍しく1時に昼食がとれました。休憩もほぼ1時間。それが当然のことですが仕事の流れによってうまくいきません。
「なんかしんどいなあ」と思います。金曜日です。月曜からの疲れがたまっているんでしょう。
ベテランドライバーかつ私より一回り若いY田さんが言います。
「なんかここの仕事、ボディブローみたいに週末になったら効いてくるんだよねえ」。なるほど彼ほどの人にしてもそうなんだ。じいさんが疲れを感じるのはやむなしですか。
抵抗せず無理せず諸諸を受け入れつつがんばっていきましょう。

この時期、十勝では2回目の草刈りが盛んです。あちこちでガソリンエンジン動力の草刈り機をプインプインキュインキュインと音を立てて(トラックの中からは聞こえません)刈っています。
道端や公園などは自治体からの依頼でしょうか。工場や会社の回りは自前でやるか業者に委託でしょうか。年に2回ともなるとその経費もたいへんでしょうね。

「京都にいるときはそんなんあったかなあ? ないわな。だいいちそんな草ぼうぼうの場所ないもんな」。いやありました。思い出しました。西賀茂の今原公園でやっていましたね。当時は駐禁もな(あったかも)く公園脇に愛車(HONDA のインスパイア)を止めていました。帰ろうと思って車に乗り込みエンジン始動。ブレーキを踏むとリアガラスが濡れています。
「あれ? 雨降ったっけ」。」ちがいました。ガラスが割れていました。フィルムを貼っていたので散らばってはいませんでした。
「草刈り機が石をはねたんだろうか」と思いましたがどうしようもありません。入れ直すのに5万円くらいかかった気がします。

閑話休題。まめに草刈りをしないとたいへんなことになるんでしょう。
実際、油断したというか手を抜いた今年の我が家の庭は草がはびこり放題で手がつけられない状態になっています。
珍しく定時に帰れた今日少し草引きしましたが埒があきません。

%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%82%93.jpg

そのぼうぼうの中からもヒマワリが背を伸ばし花を咲かせました。この写真ではわかりませんが手前の2、3本がそれです。
日曜日、ちょっとがんばってできる範囲できれいにしてやります。

種類もさまざまその成長段階もいろいろなヒマワリが咲いています。
見ていると楽しいです。秋の深まり、冬を迎えるとどうなるのでしょうか見守り、見届けます。

トリ貝食べたや

2021年09月09日

一日降ったりやんだりでした。久しぶりの雨です。我が家の小さな畑や十勝の広大な畑にはほどよいお湿りでしょうか。
「なんか寒いな。あっさりと鱈ちりでもいいよな」。
帰ったら鱈ちりでした。

%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%A1%E3%82%8A.jpg

あまりいい画像ではありません。何気なく見ていると感じませんが、雑誌などの料理の写真はいかにもおいしそうに撮られています。さすがに玄人の為せる技です。
写真はともかく鍋はおいしくいただきました。てっちりを食べたいですね。季節になってもこっちのスーパーマーケットにはあまり売っていません。見たことないかも。
カニも食べたいけど鍋用は意外とあんまりないんですわ。やっぱり山陰、北陸ですね、カニがほんまにうまいのんわ。もちろん毛ガニはこっちにしかないし繊細な味わいでおいしいです。ちっちゃいので3、4千円するかなあ。けっこう高いんでなかなか食べられません。
カニやイクラ、ウニ。北海道は安いと思われるかもしれませんがそうでもありません。残念!

殻つきのホタテやカキが当然のごとく手に入るのはうれしいですね。
トウキビやナガイモ、タマネギ、ジャガイモなど野菜類は安くてうまいと思います。
「カスベ」などこっちならではの珍味もあります。

反面、鱧やトリ貝は見かけません。食べたいです。この二つは特に感じます。関西に行って味わいたいですね。
地域地域によって違う味。長生きしていろいろ、また食べましょう。