なにがガーシーやねん?

2023年02月04日

乾燥が因か、加齢のせいかわかりませんが手指の肌がガサガサざらざらパッサパサのがっしがしです。

%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%82%8F%E3%81%91%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2.jpg

トラックでもその肌に潤いを与えようとニベア(乳液)を百均で買ったボトルに取り分けて持参。
「さあ、使おう」と今朝ボトルを手に取るとかちんこちんでした。
「水じゃないし凍らないだろ」と根拠のない確信は脆くも崩れ落ちました。
「品質変わって使えへんようなったりして」。幸い問題なかったです。溶けたら使えました。

がっしがしの指先が少し潤いました。

「がっしがし」といえばなんや訳のわからん人がいますね。議員に当選していながら外国にいて一度も国会に出ず、歳費だけはもらっています。それでいて他人の批判ばっかりしているとかいないとか。火の粉の降りかからん遠くにいて吠えている人に議員資格はあるんですかね。そんな人を選んだ人の顔が見たいです。
「ごじゃごじゃ言うてんと早帰ってきて国会に出てこいや(髙田延彦さんふうに)」と思う私は間違っていないと思うんですがどうでしょう。

なんかふざけてんな。腹立たしいです。「NHKをなんたら」とかいう「政党」ですか?
まともに話を聞く気になれませんしきちんと聞いたことはありませんから、彼らの主張を云々する資格はないのかもしれません。
それでもやっぱりどう考えても浅薄な私には「ガーなんたら」は不快です。
「なんか文句あったらいつでも言うてきて、いつでも相手になりますわ」。

まあ、政治の世界のことはなんもわかりません。いらんこと言わんと黙っときますわ。
(じゅうぶん言うてるやん「かなあ」)

節分、恵方巻、豆まき

2023年02月03日

サントリー「白州」のハイボール缶(350mL)が6月6日から売り出されるそうです。「山崎」のそれも同額で今秋に発売予定だそうです。ともに税抜きで600円と高価です。
「ちょっと飲んでみようかな」とはなりにくい値段です。
それならボトルで買って好きなようにつくって飲む方がいいですね。ただ日本のウイスキーは原酒不足で品薄と以前なにかで読みました。国産ウイスキーは入手しにくい状況なんでしょうかね。あったとしても「白州」「山崎」は高価ですからおいそれと手は出せません。
10年くらい前、妻に「山崎」をバレンタインかなにかでもらったのが思い出されます。
手に入るものなら飲んでみたいですね。どちらもうまいです。

それらは買えませんがハイボールを飲もうと「JIM BEAM」を買ってきました。バーボンの独特の香りがします。安く手に入るようになった気がします。私が学生時代に比べて自由に使えるお金がふえたというだけかもな。
昔は洋酒は高かったです。もっぱら「ホワイト」でしたね。よくて「角」だったかな。忘れました。味もわからずただぐびぐび飲んでいただけです。若かった。今でもおんなじかな。

節分でしたね。恵方巻です。

%E3%81%88%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8D09.jpg

妻の実家用に買いに行ったものをおすそ分けしてもらったそうです。「南南東」を向いてのまるかぶりはしませんでした。若いころならともかく、この年になっては、そんなには食べられません。少量(といっても中巻き1本分はあったか)をいただきました。おいしかったですよ。

豆まきもしました。北海道では落花生をまく家が多いのでしょうか。

%E3%81%BE%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%8D09.jpg

拾い集める手間がかからず、中身が汚れないので食べるのに好都合ですから合理的ですね。
関西では落花生を殻ごとまくというのはなかった気がします。私が知らないだけかもしれませんが。翌朝、当時飼っていたチョコ(ビーグル♀)を散歩に連れて行くとまかれた豆を貪り食っていました。飼い主に似たんでしょう。くいしんぼでした。なつかしい。

「年と同じ数の豆を食べる」という風習に従うには年を重ね過ぎました。66個もの豆はそうそう食べられたものではありません。

子どものころ親が食べる豆の数をうらやましく思ったこともあったかな。そのころの親の年をはるかに超えて生きています。

掘り出し物

2023年02月02日

暖かい朝でした。

%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%84.jpg

7時でこの気温は助かります。「-」4℃であったかいなんておかしいと思われるでしょう。20℃のきのうと比べると雲泥の差です。外へ出ると強風で体感温度はそれなり「さっぶいさぶい」んですが屁の河童です。
このまま少しずつあったかくなればいいのですがそう甘くはないでしょう。しっかり冬に向き合っていきます。

トイレを借りつつブックオフでお買い得棚をざっと。

%E3%81%BB%E3%82%8A%E3%81%A0%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%AE009.jpg

掘り出し物を見つけました。
1冊は2019年本屋大賞の『そして、バトンは渡された』、瀬尾まいこさんです。
受賞時にはあまり読みません。とくに大きな理由があるわけではありません。なんとなくすぐ飛びつくのがかっこ悪いと思うだけです。
もうひとつは中山七里さんの『護られなかった者たちへ』です。名前はよく拝見しますが1冊も読んだことはありません。2021年に映画化されたようです。
どちらからいきましょうか。あすの昼休憩が楽しみです。

最近はちゃんと休憩がとれています。時間は1時からとか2時からですが1時間近くは休めています。もう少し忙しいくらいが性に合っているんですが思うようにはいきません。ゆっくりできるときはゆっくりさせてもらいます。

あすはどんなんなるかなあ・・・・・・ほどよく忙しいことを願います。

十勝厳寒体感会開催?

2023年02月01日

きょうは寒かった。きのうは「13」くらいでまし。きょうは「20」前後でしたか。指が痛くて泣きそうです。朝一仕事を終えて運転席で指をあっためました。しばらくジンジンが収まりませんでした。月曜は「27」だったというのでたいへんでしたでしょう。私は健診で幸運でした。

今は雪が少し降っています。大雪にはならないと思います。そう願います。
今冬はよく降ります。気温も低いです。十勝の人も口々にそう言います。よほどのことでしょう。もうしばらくの辛抱だと思います。少しあったくなってくれたらいいですね。

雪はともかく、気温の低さは本州の方には想像しがたいでしょうね。道内でも十勝は寒い地域です。北部の陸別は「日本一寒い町」を標榜しています。
道北、上川地方の旭川江丹別というところが史上最低気温を記録した場所でしたか。40℃を下回っていたはずです。曖昧なのでお調べください。2位は我が町、音更に隣接する帯広市だったと思います。これも同様調べてください。

こんな寒い日は先日紹介したべバストヒーターが活躍するんでしょうね。
「エンジンを切っても暖気が出るってどういう仕組みだろ?」って思っていましたが謎が解けました。軽油を燃焼させてあっためるようです。燃料タンクに穴が開いてホースが出ていました。温風の吹き出し口は助手席と中央コンソールボックスの間から出ています。
きょうY田さんに見せてもらいました。
「説明書ないんだもん、使い方わかんないさ」と言ってはいましたが・・・・・・あったかいそうです。
まあ、なくても冬をやり過ごせます。去年もその前も乗り切りました。この冬も越せるでしょう。

なんかの機会に京都のT見先生やN川先生、けんちゃんやT原先生、ほかにも希望の先生方に真冬に来てもらいたいですね。
「十勝の厳寒を味わってみよう会」なんていうのを開けたらおもろいやろなあ・・・・・・
「京の底冷え」とか言って京都も寒さはまあまあですが、寒さの基準が違います。ほんまの寒さを味わってもらいたいですね。誰もそんなんしたないか、むははははは・・・・・・

明朝は寒さが緩むことを願いつつやすみましょう。

銘肝

2023年01月31日

各地のスキー場で雪崩に巻き込まれるなどの遭難が相次いでいます。多くがゲレンデ外(滑走禁止区域)、バックカントリーを滑っていての事故のようです。亡くなられたり怪我をされたりした方方に鞭打つつもりはありません。ことばの問題もあるのかもしれません。
「死んで花実が咲くものか」とは思います。

私もスキーは長くやりましたし、その楽しさは承知しています。人並以上に滑れます。うまかったですよ。(自分で言うな)
誰も踏み入れていない新雪を滑るのはこの上ない快感です。若いころはあえてそういうところを選んで滑ったこともありました。バックカントリー(当時はそんなことばはなかった)はやりませんでした。雪の怖さを知っていたのかな。単なる怖がりだったんでしょう。

自分のおこないが他者にどんな影響を及ぼすかを考えてみてください。過信は禁物。調子に乗ったらあきません。私にはそういう嫌いがあります。ひとのことをとやかく言える輩ではありません。
せっかくの楽しいスキーで事故にあってはつまらないです。我が身を思って慎重に、ある意味臆病に行動することを考えてみてはどうでしょう。

今朝は12、13℃とちょうどよい寒さ(?)でした。これくらいだと手指も痛くなく楽です。
屋根の雪が工場内からの熱で溶けるのでしょう。つららが成長しています。

%E3%81%A4%E3%82%89%E3%82%89%E6%88%90%E9%95%B7.jpg

先日のそれらよりもさらに長く太くなりました。危険ですね。絶対に近寄ってはいけません。万が一直撃を受けたらひとたまりもないでしょう。建物の近くを歩くのは禁物です。十分に注意して動かなければいけません。

何をするにもほんのちょっと想像力をはたらかせましょう。己がおこないが次にどんな現象、事態を引き起こすかを考えればあだやおろそかな行動はできないのではないでしょうか。

私も肝に銘じます。

マイナンバーカード

2023年01月30日

検診開始に合わせてゆっくり寝ました。寝すぎて腰が痛いです。そうなることはわかっていましたがつい寝床でだらだら。悔やみました。今後はなんであれ早めに布団から出ます。

検診は30分もかからず終了。すいていました。背がまた数mm 縮みました。体重は1kg 減っていました。
「これ以上減らないようにしましょう」
「はい」と応えましたがあとから「?」がいっぱい。
「そんな痩せてっかなあ」。まあ、ええか。
その他はきょうのところは異常なし。血液、尿、レントゲンの結果は如何に? というところです。

「回りから見ると足元のおぼつかないじいさんに見えるのかな」と思うことが最近あります。きょうもそれを実感しました。
年の割に挙措動作はてきぱきしている(はあ?)と勝手に思っていますがそうでもないのかな。さびしいな。でもやっぱりそうかもしんないな・・・・・・認めつつ抗いながら生きていきます。

郵貯で1,300万ほどをおろして(もうええて)帯広信金で町内のお金をおろして道銀で支払いをしてブックオフで本を見ていました。
「いや、こんなんしてる場合ちゃう。まだやることあるやろ」と長崎屋の喜久屋書店へ本を探しに行きました。(また本かい)なかった。念のためレジのお姉さんに確認しましたが、なし。

「いや、せっかく平日休みやし役場開いてるやん」と考えたのはマイナンバーカードを発行してもらうことです。さっそく電話。
「今この電話で予約してきょう手続きにうかがえますか」
「きょうはもういっぱいなんですが・・・なんちゃらかんちゃら」
「急にきょう休みになったんで手続きができればと思ったんです」とかなんとかやっていました。
「今すぐ来てもらえればなんとかなります」との結論になりました。けっしてごり押しはしていません。話が私にとって好都合に運びました。ありがとうござんす。
無事に発行してもらって帰りました。

なかった本はTSUTAYAで取り寄せを依頼。出版社に頼むので2週間かかるそうです。楽しみに待ちます。

たまらなくパンが食べたくなりました。十勝では古い「ますや」でパンを買いました。おいしかったです。大きめのクロワッサンにチーズと胡椒のきいたベーコンをはさんだのがうまかったです。こっちへ来てから食べたんでいちばんだ。それほどパンは食べませんが時間があればパン屋さんをめぐってみます。

夕方、町内の用事も無事終えました。
「やることいっぱいだったが完璧だ」

実は肝心なことをやり忘れました。まあ、しやぁないな。
どこかで挽回します。

ここで歯磨き。
「あ、あれ書かな」と歯磨き終えて「書かなあかん」を忘れました。
これは年のせいかな。そうでしょう。
実生活で問題が生じないように注意します。

あ~忙し

2023年01月29日

町内会の総会でした。会計として決算報告と予算案の提案をしました。両件ともつつがなく完了。その他いくつかの建設的な意見もでました。みなさんそれなりにいろいろと考えていらっしゃる。考えることが得意ではないじいさんとは違います。予定通り1時間ほどで無事終わりました。

15時からは献血です。104回目です。慣れたことなので滞りなく終わりました。次回献血可能日が7月16日とあるのが気になります。12週間後、約3か月後が通常ですがなぜでしょう。66歳のじいさんだから半年を要するのでしょうか。聞けばよかったんですが気の弱い私はだまっていました。まあいいや。それくらい空いたほうが身のためでしょう。ゆっくり静養して次に備えます。

一日に二つもの予定が入ったことは久しぶりですね。いやあ疲れた、でもないか。

あすは健康診断です。9時30分が指定時間です。起きてからだいぶ時間があります。ご飯は食べられませんのでしんどいですね。思うだけで具合が悪くなりそうです。耐えるしかありません。終わってから何を食べるか楽しみにしつつ受診します。

そうそう、それが終わると「仕事に行かずともよい」との指示がありました。休みです。
いやあ、平日休みは久しぶりです。ゆっくりしましょう。

知識欲

2023年01月28日

ボルちゃんのエンジンをかけて温度計を見ると20℃でした。
「ここで今これだし、冷えるな」。写真は車を進めて畑を貫く一本道での温度です。

%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84.jpg

ここがいつもいちばん低い気温を示します。今季最低ですね。というかこっちへ来てからこの気温をはっきり明示した記録はないんじゃないかな。十勝北部に近い、本別(往復約100m)へ仕事で通ったときもなかったと思います。
「きょうは27℃だって」という不確定な情報を耳にしたかNHKの天気予報で聞いたかどうかの数字です。

ここまで冷えると朝一の積み込みはきついです。うすい内手(作業手袋などの「内」側にする「手」袋)の上に厚めの作業用手袋をしていますが指が痛くて泣きたくなるほどです。おおげさではありません。ほんまに痛いです。まあ、きょうほどのはそう何回もないでしょう。がんばりまっさ。

Y田さんが言います。
「社長が運転席にストーブつけてやっからどこそこトラック持ってけって言うんだわ」
「ストーブ? 運転席につくんですか」
「いや、俺もわかんないけど・・・・・・」とかなんとかやっているともう一人のY田さんが来ます。
「Y田さんが、運転席にストーブつけてもらうんですって」
「ああ、べバストヒーター。俺のついてるよ」ともう一人のY田さん。
「え、なんです? そんなんあるんですか。見せてください」。ここで気づきました。なんか、この間からエンジンは止まっているのに何かが作動しているような音が運転席後ろ(車外)から聞こえていました。これはその「べバスト」が動いていた音でした。
助手席の運転席側に直径12、13cm くらいの筒が出ています。そこから温風がでるようです。タイマー付きで運転開始に合わせセットしておくと開始時から快適に仕事が始められるという優れものです。いやはや、あちこちそちこちに知らないものが潜んでいます。またひとつ新しいことを知れました。
「つけてもらえばいいっしょ」
「いや、そこまでは必要ないですよ」。確かにボルちゃんと違ってあったまりにくいトラックの運転席ですが私にはいりません。

トラックやトレーラーの運転手には半袖姿も見られます。きっとがんがんにべバストなり通常のヒーターなりをきかせているのでしょう。

まだまだ知らぬことが出てきます。せっかくの人生なんでできるだけ多くのことを知りたいものですね。前職と違ってそれを知らせてやれる対象がいないのがさびしいです。
知らせる相手はいなくとも知らぬことをより多く知りたいという欲は常にもちたいです。

訃報

2023年01月27日

目黒浩二さんが亡くなりました。ご存じの方はそう多くはないかもしれません。
私の好きな作家さんのひとり、自称あほバカ旅作家の椎名誠さんの盟友です。ふたりで書評誌『本の雑誌』を創刊し、長く発行人をされた方です。椎名さんは衝撃を受けたでしょうね。
長女からLINEで「目黒浩二さんが亡くならはったね」ときたのには驚きました。さすが本好き長女です。今は二人の子の母親になり忙しくしています。昔ほど本は読めていないでしょう。子どものころは一日中図書館にいても苦痛を感じない子でした。月に100冊くらい読んでいたこともありましたね。懐かしい思い出です。

目黒さんは76歳でした。

門田博光さんもなくなりました。南海ホークスで活躍。歴代3位の567本塁打を打った豪快な打撃を誇る名選手でした。74歳でした。

当たり前ですが自分の年齢がだんだんそっちへ近づいていきます。目黒さんや門田さんのように人生になんにも残していません。まあ、一生懸命にやってきたからいいかな。3人の娘らもきちんとした大人(?)に育ってくれました。かわいい孫4人にも恵まれました。
いろいろありました。これからもあるでしょう。せいいっぱいいきましょう。

今朝の日高です。西からの光を浴びて赤く染まっていました。

%E3%81%B2%E3%81%A0%E3%81%8B230127.jpg

この写真ではわかりにくいですね。

日高は時時刻刻変わります。同じ景色はふたつとありません。見えない日だってよくあります。いろんな姿をしっかり見てやります。わき見運転はしません。写真は当然止まって撮っています。

あすはどんな日高が見られましょうか。楽しみにしつつやすみます。

あちこち大雪、あちこち大変

2023年01月26日

日本各地で雪による被害が起こっているようです。
電車内で長時間閉じ込められたり高速道路でまったく動けないままに夜を明かしたり、私には耐えがたい目に合われています。ほんとに大変でしょう。
京都でも交通障害が相次いだみたいです。私のランニングコースだった狐坂で市バスが滑って車線をふさいだようです。あの道は大きなカーブの片道一車線急勾配。ふだんでも難所です。雪が降ればさらに厳しい路面になるでしょうね。

道内でも事故が相次ぎ亡くなられた方もいるようです。
私も道端の雪壁に突っ込んだ車を2台、追突してお巡りさんと事後処理中を1件目撃。他人事ではありません。最新の注意を払って運転しなければいけません。
ほんまに絶対事故はないようにしなければいけません。

道内日本海側では暴風雪がやみません。十勝は快晴ですが風が強いです。降った雪が舞いあげられ視界が遮られることもあります。

%E5%9C%B0%E5%90%B9%E9%9B%AA.jpg

この写真ではわかりません。帰路の信号待ちで撮りました。
あちこち吹き溜まりができています。たいしたそれではありません。吹きだまるところもあればそこへいった雪がなくなりアスファルトが顔を出しているところもあります。
臨機応変な運転が望まれます。

京都からは二女の娘息子(私の孫たち)が雪にはしゃぐ静止画、動画がきました。
かわいらしいですね。ほおが緩みます。

おもしろそうな絵本情報を得て、長女と二女に送りました。長女の姉弟からLINEでお礼の動画がきました。何にも代えがたいうれしさです。

遠く離れていて会えません。いつか会ったときに覚えてくれていてほしいですね。
真穂ちゃん(長女の娘)や梨乃ちゃん(二女の娘)はともかく、こうちゃん(長女の息子)やたいちゃん(二女の息子)は難しいかな。それはやむなし。なるようにしかなりません。
適当に対峙します。

そう、今後私はどう生きてどんなふうに娘ら、孫たちと向き合うんでしょうかな。
だれにもわかりません。なんとか回りへの迷惑は最小限でいけるよう生きていきます。