いろいろ思います

2017年10月16日

遅い昼ご飯を食べているとピンポン。
「はい」
「せんせ、こんにちは。京都精華のMです」

新校舎の話や京都マラソン、説明会へ行ったゼミの生徒の話などでしばし歓談。上がってもらおうと思ったんですが強烈なカレー(加齢ではありません)臭と散らかっていたのとで玄関口で。すみませんでした。M先生。
新校舎拝見を楽しみに冬を越します。いいですよね。ピッカピカの新校舎で学ぶ。おまけに校庭は人工芝。
私の高校時代はぼろっぼろの古い校舎、校庭は土でふつうでした。道場(剣道部でした)や玄関、教室が懐かしく目に浮かびます。


言いましたっけ? けっきょく「京都マラソン」に申し込みました。気合を入れて鍛え直してのぞむか、取り敢えず時間内のゴールを目指して楽しむか。今後の諸般の事情、体調、その他を鑑みて結論をだします。正直、後悔の割合が大きいかな。このままではどうあがいてもいい結果は出そうにありません。今さらこの年で自己最高とは言いません。いい時間を記録するというのはさておき、少なくとも前向きにのぞめるよう精神面を改善します。


還暦を超えての人生をおくって1年。もう1回新しい人生をおくるつもりで、ね。このあとどこまでいきましょうか・・・・・・ね。

ツシマヤマネコ

2017年10月15日

学生時代のしがらみでANAクラウンプラザホテル京都へ。「総長を囲む会 新理事長を祝う会」でした。まあお付き合いです。200名ちょっとが出席。盛大です。一つ下のFくんとだいぶ下のHさん、72歳になられるO先輩と話が弾みました。
40年近く前ですが校歌斉唱となると歌えます。応援歌もでてきます。「三つ子の魂」でしょうか。
昼の集まりでした。

散会後、地下鉄に乗って動物園へ。ツシマヤマネコの子猫を見に。

CIMG5116.JPGCIMG5113.JPG

残念ながら雨で寒いのか兄妹でからだを寄せ合いじっと。お尻しか見られませんでした。

CIMG5100.JPGCIMG5112.JPG

んなことで親玉、迫力のアムールトラくんです。力強さは檻の向こうから伝わってきます。小っちゃい子は泣いていました。
「こわいこわいこわいよ~」と。
「檻のむこうやしどうもないで」
「こわいよ~」。
子ども心にはこわいのかもしれません。

私にもこわいことはあります。

乗り越えます。


実りの秋

2017年10月14日

走っている途中見かけた「実」三態です。なんだかおわかりでしょうか。
①左は喉の薬になりますか。のど飴にも入っていますし、・・・酒もあります。
②中はアメリカヤマボウシとも言います。白、ピンク、赤などの苞葉が花に見えます。
③右は胡桃です。読めますか? オニグルミか着グルミか身グルミはがされるかはわかりません。
(あんまりおもんないな「私も同感です」)

CIMG5093.JPGCIMG5094.JPGCIMG5098.JPG

答えは以下です。
①花梨
②花水木
③クルミ です。

実りの秋ですね。花梨はあまり親近感がありませんが実の大きさはりっぱです。
花水木も大人になってからの付き合いです。子どものころは見たことがありませんでした。好きです。クルミは釧路で初めて出合いました。ギョウジャニンニクやヤマブドウ、グスベリー、コクワなどなど。そこらに食べられるものが生えているのが新鮮うれし。けっこう興奮した覚えがあります。

こちらでずっと過ごしたらそれはそれなりに同じ体験もできたのかもしれませんが、やっぱり北海道と同じわけにはいかなかったのかな。わかりません。

まあとにもかくにも実りの秋をむかえました。あとどんくらい季節のめぐりを感じられましょうか。
神のみぞ知る、ですね。


「京都」

2017年10月13日

47都道府県の「魅力度」をブランド総合研究所が調査、作成したランキングによると、1位は9年連続で北海道だそうです。わかりますね。続いて京都府、東京都、沖縄県、神奈川県がトップ5。沖縄は行ったことがありませんが、これらも何となく納得できます。個人的には長野県が好きですね。

市町村別では1位が京都市。以下函館、札幌、小樽と北海道の諸都市がきます。あれ? もう一つ5位はどこだったか忘れてしまいました。金沢や福岡、神戸は入ってもいいかなと感じます。

自分が住む府や市が「魅力度」で上位にくるのは誇らしいですね。京都は好きです。

奇しくも、井上章一さんの書いた『京都ぎらい』を終えました。(去年の新書大賞です)
曰く、京都人が思う京都人は洛中に住む人のみで嵯峨や山科、伏見に住まう人などは洛外人であって京都人じゃないそうです。なんか感じ悪さを感じませんか。私は生まれも育ちも京都ではありませんから何とも思いませんが、井上氏は「千年の古都のいやらしさ、ぜんぶ書く」と副題を付けています。わかります。
柏井壽さんの『極みの京都』も読みました。こちらは、まあおいしい店や京都の名所旧跡の案内本ですかな。食に対する含蓄大きく蘊蓄も深いです。なかなか私なんぞが気楽に行けないようなお店がいっぱいあります。10年以上前の本です。果たして掲載された店が生き残っているかどうかはわかりませんが食べ歩きの参考にはなりましょうか。

学生時代に出前のアルバイトをした日本料理の店が載っていたのには驚きました。高級店でしたね。当時の自民党市会議員の家によく出前を届けました。
「昼間っからようこんなええもん食べるなあ」と貧乏学生のつゆはらくんは思っていました。店に昼ご飯を食べに来て8,000円払う人がいました。私のバイト代は一日3,800円でした。ご飯が一食付いていてうれしかったですね。体力に任せ、全速力で出前往復して、店の人に驚かれたこと、高価な漆塗りの器を落として叱られたことが印象に残っています。そうそう。ぐじ(甘鯛)の焼き物を出前したとき全速力で行き過ぎて皿から落ちてたな。こそっと元に戻してそのまんま「毎度ありがとうございます」やったった。40年前だ・・・・・・時効です。

そこで宿泊税。京都市も導入に向けての動きがあるようです。最大1,000円のようです。すでに導入している東京や大阪は100円~300円くらいのようですね。そう思うと高いでしょうか。1泊50,000円以上の宿泊が対象らしいので、それだけ宿泊料を払える方からなら1,000円いただいてもいいでしょう。
その税収をなんに使うかが問われましょう。そこへ言い及ぶには夜も更けましたのでまたの機会にさせていただきます。(出たな。あるかわからんまたの機会「まあ、そんなこともあっての人生でしょ「はいほい」)

運動会

2017年10月12日

衣中体育大会へ。みんな一生懸命にやっています。感心。斜に構えるやつはなし。かっこつけはいるな。まあ自分を思えばさもありなん。というか、あまり自身の運動会関係の記憶はありません。短距離は速くないので運動会はあまり好きではなかったのかな。わかりません。

伊丹のとき校舎の陰で家族とお昼を食べたのは何となく記憶にあります。
釧路へ越した6年のそれは春にありました。風が強く寒かったです。
「道東は秋が短いので春にやるんだな」と後年納得しました。
釧路の緑中で走り高跳びに出てけっこういい記録が出たかなあ・・・・・・
高校ではマラソン大会で3位入賞。1位と2位は陸上部でした。
大学でも学園祭のマラソン大会で4位に入ったかな。我が部は全員出走しました。私が一番上位だったかな。(なんかさり気なく、いや自慢し過ぎやろ「そんなつもりはありませんでしたが、そうかもしれません。すみません)

12時過ぎから14:30くらいまで観戦。楽しい時間でした。ずっと立ちっぱなしだったので脚がだるいです。これは今までになかったことですねえ。年でしょう。悲し寂しです。

CIMG5090.JPGCIMG5091.JPG

衣中グラウンドから比叡山が見えることに気づきました。
空はかなりの曇天、厚い雲。降らずに済んでよかった。


昼ご飯食べずだったので終わった後なか卯へ(またか)。時間はずれなのに人いっぱいが遠見でわかります。嫌な予感が当たります。ロシア人ですね。言ってることはまったくわかりませんがロシア語だとはわかります。彼らが2台の券売機を独占。
「勝手がわからないししようがないな」と待ちますがあまりにもあまりでした。
「あんなあ、こういうときは1台で買うようにして他人への気遣いを忘れんときや」とロシア語で言ってやりました。(ウソです。関西弁、北海道弁、日本語はなんとかできますがロシア語は無理ですね「はいはい」)

自分も他者の迷惑にならぬよう心がけます。


十勝地方で雨まじりの雪が降り紅葉に「白」をのせたようです。上士幌町ぬかびら源泉郷では朝の最低気温が0.2度だったそうです。さすがに北国ですね。

京都でも少しずつ秋が深まりましょうか。時は流れます。

喫煙率

2017年10月11日

勉強会でした。
一つは「Google 活用について」。Google Map に無料で登録して塾の情報をより多くの人に知ってもらうという感じでしょうか。有料ですがお店の内部を写真に撮り、お客さんに360° 見てもらうこともできるみたいです。まあうちの塾はともかく飲食店や宿泊施設は内部が見られるとお客さんにはいいですよね。
今一つは「国語指導法」。国語塾を長くやるK元先生のお話。T見先生の幼稚園時代からの腐れ縁,、いや違う失礼。幼友達だそうです。飄飄、然として、なかなかおもろい先生でした。私はかなりうけていました。「なるほどさすが」もあったかな。
一つ目は帰ってゼミで登録してみました。授業後で、認証に時間がかかるようで途中で終わっています。数日して確認してみます。

会後、昼食をごいっしょしました。カプリチョーザのパスタランチ。おいしくいただきました。T崎先生に食後のコーヒーを給仕していただきました。ありがとうございます。けんちゃんのご指導の下だそうです。
A先生も禁煙されたようです。帰り際に小耳にはさみ確認。
いやはや、これで連盟で喫煙者はY田先生とM井先生、H山先生くらいになっちゃったんでしょうか。世間の喫煙率よりずっと低いですね。(世間18%くらいです。連盟内は8%くらいかな)半分以下です。
いやはや、なにをさておき自身が禁煙の側へ回ったことが何よりの驚きであります。40年の喫煙歴にこうも簡単に決別できるとは自分自身が思ってもみなかったことです。


自転車でした。帰路は暑くて参りました。汗ざあざあ。いったん帰宅して水浴びをして着替えて出直しました。この時期この暑さはちょっといやですね。ここへきて汗をいっぱいかくのはいやです。

快適な期間って短いですね。もう少しすると自転車通勤も快適、汗もほどよくでしょうが、さらにもう少し季節が進むと寒さが勝ちます。真夏汗だくは仕事に差し支えますが、真冬は寒さに耐えれば差し支えなし。できるだけ自転車通勤する? 断言は避けます。

それより他にやったり決めたりがいっぱいあります。先にやるべきからやっていかないと・・・・・・いかないな。
明日もいろいろやります。


ミズヒキソウ

2017年10月10日

「『こちょう』てなにするんやったっけ?」
「え『こちょう』? 『しょうちょう』ちゃうん」
「え? 小腸。『こちょう』て学校の理科の先生言うてはらへんかったっけ」
「言うてへんわ」
「ヒトのせいにしたらあかんわ、K。30年以上やってるけど『こちょう』は初めてやな」。

珍答迷答を集めてみてもおもしろいかもしれませんね。


ゼミ裏でミズヒキソウを発見。去年もあったかなあ・・・・・・今年初めて見た気がします。

CIMG5087.JPGCIMG5088.JPG

のし袋にかける紅白の水引の ように細長い茎に赤い花がつきます。白いのもあります。それでミズヒキソウと名づけられたんですね。
花が小さいので遠くから見るとその美しさはわかりません。接写するときれいな花なんですが、草ぼうぼうで近づけません。お目にかけられればいいのですが。機会があれば狙ってみます。植物なので時季があります。
いつもカメラ、スマホを携帯しているわけでもありません。いつになるかわかりませんが心がけます。

「あのとき撮っておけばよかった」「失敗した。あの本買っておくべきだった」「あそこであれをやっておけばよかったのに」ということが日常茶飯、人生でいっぱいやってきました。悔いのないそれにはほど遠いです。
みなさんの人生はいかがなんでしょう。悔いがない人生を送っていらっしゃる方もいっぱいなんでしょうか。残された時間、できるだけ悔いを残さぬよう生きましょう。

体育の日は10月10日がいい

2017年10月09日

体育の日でしたね。昔は10月10日でした。先の東京オリンピックの開会式を記念して祝日になった記憶があります。
政府の施策で月曜に移して連休をふやそうとなってどのくらいでしょう。すっかりそれが定着しました。個人的には敬老の日は9月15日、体育の日は10月10日、成人の日は1月15日と日にちが固定されている方が好みですね。連休よりもひょっこり思わぬ日に休みが回ってくる方がよくないですか。

体育の日だからという訳ではありませんが走りました。この連休で少なくとも30km と考えていました。
「30 は無理でも25 くらいはいっときたいな」と。北大路から西大路経由で十条までいきました。烏丸まで東行して北上。しんどくなったら地下鉄帰宅です。できれば家までと思っていましたが今出川で脚がつり、鞍馬口への途中で限界。地下鉄帰宅しました。軟弱。
けっきょく24km でした。脚がしんどいです。42.195km に耐えられましょうか。今少し思案します。

距離は伸ばせませんでしたが本は進みました。3冊を終え、2冊が半分くらいまでいっています。
80冊にのったので20 を読めば100 に到達。
芸人のカズレーザーさん(同志社ですってね)は200、名前忘れたどなたかお二人は120 をお読みのようです。(テレビのクイズ番組で今日知りました)

200 は難しいでしょうが私も励みます。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

2017年10月08日

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を見てきました。たいへんよかったです。
いくつかの話が進みつつやがてすべてがつながります。泣けます(あんただけでしょ「かもしれません」)。恥ずかしながら涙がぼろっぼろ出ました。頭痛がしてきて背中にも痛みが。
現実的にはあり得ない設定ですがそんなことはどうでもいくらい入り込みます。
原作は東野圭吾さんです。活字でどう表現されているのか読んでみたいです。
脚色や監督もきっとすごい方方がされたんでしょう。映画ってものすごい人の力が合わさってできているのがエンドロールを見ていてわかります。
劇中歌の『REBORN』、山下達郎さんもいがっだあ。(なぜ急に訛る「気分です」あ、そう)

帰りMによりランニングシューズを買いました。

CIMG5080.JPG

ちょっとそこが厚めのやつを求めました。今の力だとその方が膝への負担が少ないのかも、と。

ふらふら歩いて北上中に白のコムラサキの実を発見。

CIMG5083.JPG

街路樹の根元から生えていました。許可を得る方がいないのでちょっと実をいただきました。
蒔いて来春の芽吹きを楽しみにします。

今年は銀杏やクヌギの実を複数手に入れてうめてやろうと思っています。
去年は1個ずつしか植え(埋め)ませんでした。よって発芽はなし。思えば当然です。100%発芽はあり得ません。たくさん集めて来春を待ちます。

まあ、それらが芽生えても木になるには何年かかるかわかりません。芽生えだけでも見届けたいですね。

『京都ぎらい』

2017年10月07日

走ろうかとも思いましたが今日は室内で。読みかけの本を2冊読了。手持ちはまだありますが散歩がてらブックオフへ。

柏井壽さんの『極みの京都』を読みかけています。見知ったところや店が出てきます。親近感はあります。『鴨川食堂』も彼が書いています。食に対する造詣の深さには感服、驚かされます。連作4冊ともおもしろいです。
歯科医をやりつつの作家業。多才ですね。うらやましいです。京都礼賛を問題視しつつも底流に京都自慢を感じます。まあ、それなりの町ですよね。
私は京都在住40年を超えましたが京都人ではありません。ただ京都は好きですし、そこに住めることをうれしく思ってはいます。いい町です。

さてブックオフ。前から気になっていた『京都ぎらい』があればいいなと新書の棚を物色。片っ端から見ていきます。ありました。思わず声が。
「あった!」。まだ頁を繰ってはいませんが楽しみです。柏井さんの本と対極にあるんでしょうか。読み比べが興味深いです。


散歩中に見かけたコスモスです。

CIMG5071.JPGCIMG5072.JPGCIMG5076.JPGCIMG5077.JPG

きれいですよね。

夕方でしたが天気の関係かアサガオが。

CIMG5073.JPGCIMG5074.JPGCIMG5075.JPG

同じ株? 蔓からですが、色合いの違いは絶妙ですよね。

家のアサガオはそろそろ終わりです。ゼミのそれも同様。コスモスはまだ咲いています。
このあと、パンジーの季節かなあ。我が家は日あたりが悪くありませんがゼミは今ひとつです。今年は種からをやっていませんので苗を買わざるをえませんか。財布と相談します。

京都マラソンも決めなきゃいけません。これも出走料が1万3千円くらいかかります。財布と相談する必要がありましょうか・・・・・・